コマンドラインツールの概要

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。 

  • コマンドラインインターフェースを使用したパッケージのインストールに役立つコマンドラインツールを識別する。
  • Salesforce 開発で Force.com IDE プラグインの後継となるソフトウェアツールを識別する。

開発者コマンドラインツール

npm や Salesforce CLI のようなコマンドラインツールは他の開発者ツールと簡単に統合できるため、開発者はプロジェクトでの生産性を高めることができます。多くのソフトウェアプログラムには、プロジェクト用にインストールできる CLI やプラグインが付属しています。インストールするプログラムやツールは各自の判断やプロジェクトのニーズに応じて決めることができます。 

この単元では、Visual Studio Code (VS Code) をインストールしてコマンドラインツールの Node.js、npm、Salesforce CLI を設定します。 

Visual Studio Code のインストール

Visual Studio Code は、その高いカスタマイズ性とクロスプラットフォームで Salesforce に選ばれているコードエディタです。VS Code では、Salesforce 拡張機能を設定してインストールできます。Visual Studio Code 向け Salesforce 拡張機能は、デスクトップでの Salesforce 開発で Force.com IDE プラグインの後継となります。 

Visual Studio Code (VS Code) をインストールして拡張機能を設定しましょう。

  1. Visual Studio Code を https://code.visualstudio.com/Download からダウンロードします。
  2. Visual Studio Code アプリケーションを開きます。

Visual Studio Code 向け Salesforce 拡張機能のインストール

この Salesforce 拡張機能は、Salesforce Lightning プラットフォームでのコード補完、構文の強調表示、Apex のデバッグなどの機能を提供します。

  • VS Code で [View (表示)] メニューをクリックし、[Extensions (拡張機能)] を選択します。
  • 検索ボックスに Salesforce 拡張機能パックと入力します。
  • [Install (インストール)] (以前のバージョンの拡張機能パックがすでにインストールされていて更新が必要な場合は [Update (更新)]) をクリックします。
    Salesforce 拡張機能パックのヘッダー情報には、ダウンロード数、星評価、短い説明 (Salesforce Platform での開発用拡張機能) が含まれます。
  • 拡張機能パックがインストールされたら、Visual Studio Code を再起動します。

使用するシェルの確認

VS Code が設定できたので、新しいターミナルウィンドウを開き、マシンにどのシェルがあるかを確認します。 

  1. VS Code で、[Terminal (ターミナル)] > [New Terminal (新規ターミナル)] をクリックします。
  2. ターミナルウィンドウの上部で、シェルドロップダウンを見つけます。ドロップダウンを選択するか、現在の選択を参照してマシンのデフォルトシェルを確認します。

macOS/Linux の場合、bash または zsh が表示されます。 

ターミナルウィンドウのナビゲーションバーで選択されている BASH シェル。
ターミナルウィンドウのナビゲーションバーで選択されている ZSH シェル。

Windows の場合、PowerShell が表示されます。 

ターミナルウィンドウのナビゲーションバーで選択されている PowerShell。

後で他のシェルをインストールして自由に設定を変更できます。ここではこれらのデフォルトシェルを使用します。  

Node.js と npm の設定 

CLI での作業が容易になるため、よく使用される開発者ツールがあります。たとえば、Lightning Web コンポーネントを開発する場合や、Node.js のような JavaScript ランタイム環境で作業する場合は、おそらく npm ツールを使用してパッケージのインストールや更新を行うことになります。コマンドラインインターフェースで npm ツールを使用すると、パッケージをすばやくインストールでき、簡単なコマンドでこれらのパッケージが最新の状態に維持されます。

メモ

メモ

Salesforce は、こうしたツールがシステムにインストールされているかどうかを確認しません。Node.js や npm の維持管理も行いません。これらのツールは各自の判断でインストールしてください。インストールしたら、VS Code を再起動します。

  1. Node.js をインストールします。必ず LTS (Long Term Support: 長期サポート) バージョンを選択してください。
  2. Node.js のインストールが完了したことを確認するには、次のコマンドでインストールしたバージョンを調べます。
    node -v
  3. npm がインストールされたことを確認するには、次のコマンドを実行します。
    npm -v
    コマンドラインウィンドウで実行された node -v とその結果表示された v12.2.0、実行された npm-v とその結果表示された 6.14.1。
  4. npm バージョンを更新する必要がある場合 (ノードバージョンも更新される)、次のコマンドを実行します。
    npm install npm@latest -g

npm install npm@latest -g コマンドの実行後に npm アクセスエラーメッセージが表示された場合、権限エラーを解決するための npm の公式ドキュメントを参照してください。
ユーザにファイルへのアクセス権限がないため操作が拒否されたことを伝え、root/Administrator としてコマンドを実行してみるように指示するコマンドラインインターフェースの npm エラーメッセージ。

インストールのガイドとヒントについては、Node.js の「Installing Node.js via package manager」 (パッケージマネージャを介した Node.js のインストール) ページを参照してください。 

Salesforce CLI のインストールと更新

いよいよ Salesforce CLI をインストール (または更新) します。Salesforce CLI コマンドは、スクラッチ組織を使用してカスタマイズの開発とテストを行う場合や、ソースコードを組織とソースリポジトリの間で同期する場合に使用します。では、Salesforce CLI をインストールして更新しましょう。

  1. Salesforce CLI を https://developer.salesforce.com/tools/sfdxcli からインストールします。
  2. VS Code で、[Terminal (ターミナル)] > [New Terminal (新規ターミナル)] をクリックします。
  3. 次のコマンドを実行して、sfdx-cli バージョンが最新であることを確認します。
    sfdx update

    Salesforce CLI の更新が必要な場合、ターミナルウィンドウに「Updating CLI from <old version> to <new version>」 (CLI を更新 から へ) と表示されます。
    Salesforce CLI が更新されるとターミナルに表示されるメッセージ「Updating CLI… done」 (CLI を更新...完了)。

    Salesforce CLI がすでに最新の場合、ターミナルウィンドウにメッセージ「...already on latest version」 (...すでに最新バージョンです) と表示されます。
    メッセージ「...already on latest version」 (...すでに最新バージョンです) が表示されているターミナルウィンドウ。
    新バージョン>旧バージョン>

強力な設定ができ、プロジェクトで効率よくプロジェクトを開発できるようになりました。また、Salesforce CLI がインストールされ、Salesforce DX の学習を開始する準備が整いました。開始するには、「クイックスタート: Salesforce DX」プロジェクトを参照してください。 

リソース     

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる