Channel Order App の使用開始

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • Channel Order App とその日常業務での使用方法について説明する。
  • ライセンス管理アプリケーションについて、また Channel Order App との関係について説明する。
  • 契約条件、製品カタログ、注文の関係を明確に示す。

COA の概要

AppExchange パートナーとして、アプリケーションを作成し、リリースして、マーケティング戦略を改善しました。いよいよ見込み客が気付き始めます。注文が入ってきました。こうした注文すべてを効率よく管理するためのツールが必要になります。Salesforce への売上報告を容易にしてくれるツールです。どのようなものでしょう? ヒント: 大量の付箋ではありません。

この目的専用に作成されたのが Channel Order App (COA) です。COA を使用してすべての AppExchange 注文を作成、送信、追跡できます。これをウィンドウだと考えてください。COA を通して Salesforce はパートナーの注文を確認でき、パートナーは何に対して Salesforce から請求されたかを確認できます。

COA での注文管理は簡単ですが、少し準備が必要です。そこで、クリップボードを持って、お客様、お客様に販売する製品、価格設定、およびパートナー契約のその他の条件に関する COA からの質問に答えられるようにしましょう。

金色のクリップボード

実際ところ、おそらくすべての答えはもうわかっています。AppExchange パートナーになるための手続きとして以前に、開発する製品やお客様への提供方法を決定して決定しています。それらの詳細は Salesforce とのパートナー契約で明文化されています。(心当たりがなくても、このまま続けてください。次の単元では、COA でその情報を見つける方法を取り上げます)。

なぜこのような準備が必要なのでしょう? それは、正確さと効率のためです。正確な注文を送信すれば、Salesforce での注文処理やお客様への導入が迅速化され、正確に請求されます。そのため、必要な情報をすべて共有できるように準備をします。注文管理のスーパースターになるまであと少しです。

チャネル注文の基本

業務処理担当者として、会社はあなたにお客様の注文を Salesforce の Partner Operations チームに送信する作業を任せています。お客様が製品を購入した場合や変更を要求した場合 (ユーザの追加や契約の更新など) は必ず、注文を Salesforce パートナー事業部に送信します。これにより、収益分配契約に準拠した状態が常に保たれます。COA はそのためのツールです。Salesforce はパートナーの COA 注文を調べ、合意済みの収益分配方法に従って計算を行い、請求書を作成します。

COA で注文が正常に送信された後の処理は、パートナー種別、つまり ISVforce か OEM (Original Equipment Manufacturer) かに応じて異なります。

ISVforce パートナーは通常、Sales Cloud または Service Cloud に依存し、それらのクラウドの機能を拡張するアプリケーションを販売します。ISVforce パートナーの販売先は、既存の Salesforce のお客様のみです。

OEM パートナーは、Sales Cloud や Service Cloud に依存しない完全なアプリケーションを販売します。販売先は、既存および新規の Salesforce のお客様です。既存の Salesforce のお客様は、ISVforce アプリケーションの場合と同様に、OEM (組み込み) アプリケーションをインストールします。新規のお客様には、アプリケーションをインストールした組織を提供します。

ISVforce パートナーの場合、注文送信によって請求と収益分配も開始します。OEM パートナーの場合、注文送信によってさらにプロビジョニングも開始します。新規のお客様に販売する OEM パートナーは、Embedded Edition ライセンスをアプリケーションの全ユーザにプロビジョニングする必要があります。ライセンスによって、製品を使用できるユーザとその期間が決まります。この組み込みライセンスでは、アプリケーションが組み込まれている Salesforce Platform へのアクセス権がお客様に付与されます。

我々の Ohana およびパートナーコミュニティの一員として、あなたは Salesforce インフラストラクチャのリソースを使用してアプリケーションを作成し、Salesforce は正しい方向に進めるように常にあなたを応援しています。パートナーとして、皆さんはその収益を Salesforce と分配することに同意しました。少し時間を取って注文を見てください。満足がいくはずです。そこには、パートナーとしての成功、そして Salesforce とのパートナーシップの成功が反映されています。

ライセンス管理アプリケーション

前述のとおり、ライセンスはアプリケーションへのアクセスを制御する番人です。アプリケーションを管理パッケージで配布する場合、お客様のライセンスを管理するための強力なツールが必要です。それがライセンス管理アプリケーション (LMA) です。

LMA は、お客様のライセンスに関する信頼できる情報源です。お客様が組織にパッケージをインストールすると、ライセンスの作成に関するトリガーとなります。パートナーは LMA を使用してアクセス権を追加または削除できます。LMA で変更を加えると、お客様の組織のライセンスレコードが変更されます。LMA の使用に関する詳細は、「AppExchange アプリケーションのライセンス供与とカスタマーサポート」モジュールを参照してください。

ライセンスについては、ラスベガスのように「LMA で起きたことは LMA 限り」です。LMA で加えた変更が COA に伝播されることはありません。この 2 つを同期させる必要がある場合、LMA で変更を加えるたびに、対応する注文を COA で送信します。

契約条件と製品カタログ

注文管理のスーパースターへの道には、契約条件と製品カタログが待ち構えています。これらには、販売できる製品と、製品をいつどのようにお客様に販売できるかが規定されます。契約条件は、あなたの会社のすべての販売に適用されます。製品カタログには、契約の下で販売できる製品のリスト、関連する収益分配の詳細、および (ある場合は) 特記事項が含まれます。製品カタログの条件は、カタログ内の製品のみに適用されます。パートナー契約にはこれらの条件が明文化されており、COA で参照できます。

それではまず、契約条件を見てみましょう。

名前 説明 詳細
Program Type (プログラムタイプ) ISVforce または OEM ISVforce パートナー兼 OEM パートナーである場合、それぞれ別個に契約条件と製品カタログがあります。
デフォルトの通貨 取引の通貨 商品カタログに記載される通貨です。マルチ通貨で取引する場合、それぞれ別個に契約条件と製品カタログがあります。
Default Contract Length (months) (デフォルトの契約期間 (月)) 契約が有効な月数 パートナーとお客様の間の契約の期間。この期間は、製品によって異なり、製品カタログに指定されています。
Default Contract Auto Renew (デフォルトの契約の自動更新) デフォルトの契約期間終了時の契約更新のポリシー これを「yes」(はい) に設定すると、解約注文を送信しない限り、最初の期間の終了時に契約は自動的に更新されます。「no」(いいえ) に設定すると、契約の自動更新は行われません。サービスを続行するには、更新注文を送信します。これは製品によって異なり、製品カタログに指定されています。
Default Renewal Length (months) (デフォルトの更新期間 (月)) 更新時の契約が有効な月数 更新時のパートナーとお客様の間の契約の期間。これは製品によって異なり、製品カタログに指定されています。
Default Cancellation Terms (days) (デフォルトの解約期間 (日)) 契約更新日の何日前に解約を通知する必要があるか 解約は更新日に有効になります。契約を解約するには、事前に Salesforce に通知する必要があります。これは製品によって異なり、製品カタログに指定されています。
Allow auto renew override? (自動更新の上書きを許可) パートナーによる契約のデフォルトの更新期間の上書きが許可されているかどうかを示します。 上書きが「yes」(はい) に設定されている場合、特定のお客様に対して契約のデフォルト期間を変更できます。これは、パートナー契約条件の一部として協議されます。
Default Billing Frequency (months) (デフォルトの請求サイクル(月)) Salesforce による請求の頻度 Salesforce がどの頻度でパートナーに請求するか。

パートナー契約条件によって販売契約の作成、更新、および請求が決まることを確認できました。よいスタートが切れましたね。次は、Salesforce が請求の計算に使用する製品カタログの条件を見ていきましょう。

名前 説明 詳細
Pricing Type (価格設定種別) 製品について合意した収益分配: Fixed (固定) または PNR (純収益 (%)) 固定価格は定額料金です。PNR はお客様に課金した価格の一定割合です。
Fixed Price (固定価格) 毎月の定額料金 固定価格製品にのみ適用
PNR Salesforce に支払う、お客様価格の PNR PNR 製品にのみ適用
Pricing Unit (価格設定単位) 製品の販売方法: 組織単位またはユーザ単位 組織製品は、組織単位で価格が設定され販売されます。ユーザ製品は、ユーザ単位で価格が設定され販売されます。注文数量入力時に重要な区別です。
Product Special Terms (製品の特記事項) 製品の販売方法またはお客様の使用方法を定めたパートナー契約からの特記事項。 例: 解約注文が契約更新日に有効になるためには、契約更新日の 10 日前までに受領されなければならない。

注文管理の道で問題を避けるには、契約条件と製品を理解する必要があります。これらは、COA を操作し、注文を正確に保つための地図となります。

これらの条件を注文に適用する方法を理解するには、魔法の解読器が必要になりそうですね。大丈夫です。次の単元からすべてを解読していきます。

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる