注文の作成

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • 注文の構成要素を識別する。
  • 適切な注文種別を選択する方法について説明する。
  • COA を使用した注文作成を実地説明する。

注文とは?

お客様の注文を Salesforce に送信して報告することは、あなたの収益を増加させるための重要な要素となります。お客様が製品を購入した場合や購入した製品への変更を要求した場合、COA で注文を作成してこれらの売上を報告します。

COA がテレビ番組だとしたら、注文は主役のスターです。注文のプロビジョニングと請求に Salesforce が使用する主要な詳細 (売上に関する誰が、何を、いくらで、いつ) が含まれているからです。パートナーは注文を作成してそのすべての情報を 1 か所に集約します。

[New Initial Order (新規初期注文)] フォームのページ 1。[Customer Information (お客様情報)]、[Contract type (契約種別)]、[Order Terms & Conditions (注文契約条件)] にコールアウトが付いています。

誰が?

購入または変更要求を行ったお客様について情報を入力してください (1)。新規のお客様の場合は、その名前、組織 ID、請求先住所を入力します。お客様情報は、注文だけでなく既存のお客様リストに追加されます。既存のお客様の場合、データを入力する必要はありません。既存のお客様のリストから名前で選択するか、組織 ID を使用して検索します。

何を?

製品を注文に追加して、お客様が行うのが新規購入か、変更かを識別します。前の単元では、Salesforce がパートナーが販売した製品に関する情報を集約するために、製品カタログを使用することについて説明しました。パートナー契約には、製品カタログが含まれます。Salesforce は契約情報を COA に事前に組み込みます。契約条件を参照し、特定のカタログにアクセスするために、契約を選択します (2)。注文する製品を選択すると、契約条件がその注文に関連付けられます。その条件がお客様の注文と合っていることを確認します。通常は、標準条件を保持します (3)。

いくらで?

販売する製品にはすべて、製品カタログ上で定義された価格体系が設定されています。製品にはユーザ単位または組織単位で価格が設定されます。単位は 1 ユーザまたは 1 組織です。注文数量を入力するときには、この単位に留意します。PNR (純収益 (%)) で価格設定された製品の場合、お客様が支払った価格も入力します。COA では、収益分配で Salesforce に支払う予定の総額が自動的に計算されます。

[New Initial Order (新規初期注文)] フォームのページ 3。[Product Quantity (製品数量)] にコールアウトが付いています。

いつ?

各注文について 3 つの主要な日付 (1) (サービス開始日、パートナー受領日、Salesforce 契約日) を入力します。サービス開始日は、お客様がアプリケーションの使用を開始し、契約が発効する日付です。パートナー受領日は、お客様に販売した日付です。契約日は、お客様が Salesforce でアプリケーションを使用するためのサービス利用規約に同意した日付です。

[New Initial Order (新規初期注文)] フォームのページ 4。[Service and Order Dates (サービスおよび注文日付)] にコールアウトが付いています。

COA では、こうした情報すべてをまとめて注文を作成します。お客様情報に製品とその価格を加え、いくつかの主要な日付を入力すると、新しい注文が作成され、お客様も満足します。

種別は?

好みのタイプ (種別) を聞いているのではありません。すべての注文には種別があります。注文を作成するための最初のステップは、注文種別を選択することです。種別はアクションに結び付きます。それによって、パートナーと Salesforce が COA 注文を処理するために実行する手順が決まります。

COA では複数の注文種別を使用できます。パートナーによっては、必要のない種別もあります。使用可能な種別は Salesforce との契約によって決まります。

お客様との関係でどのフェーズ (開始、継続、終了) にあるかによって、使用する注文種別が異なります。

注文種別 フェーズ 説明 発効日
Initial (新規) 開始 新規のお客様の最初の注文 注文に指定したサービス開始日
Add-On (追加) 中盤 お客様の契約に対して他の製品を追加する、またはライセンス数を増やす 注文に指定したサービス開始日
Upgrade (アップグレード) 中盤 契約期間中にライセンスの数量や価格を増やす、またはお客様を価格の高い製品にアップグレードする 注文に指定したサービス開始日
Reduction (削減) 中盤 お客様の契約のライセンス数を減らす お客様の契約更新日 — 解約条件に従って適切な通知をすることが前提となる (たとえば、お客様の契約更新日よりも 30 日前に通知する)
Renewal (更新) 中盤 自動更新に設定されていない契約を更新する、または契約更新時に既存の製品の価格を変更する お客様の契約更新日
Cancellation (解約) 終了 お客様との契約を終了する (解約注文によって製品はお客様の組織から永続的に削除される) お客様の契約更新日 — 解約条件に従って適切な通知をすることが前提となる (たとえば、お客様の契約更新日よりも 30 日前に通知する)

種別は慎重に選択します。注文種別がお客様の現在の契約、既存の製品、組織に適合しているかどうかを考慮してください。これが適合しているかどうかは、Salesforce が注文を迅速に処理するために重要です。

注文の作成

ここでは、これまで説明してきたことすべてを実際に行い、新規のお客様の注文を作成します。既存のお客様のニーズを満たす注文は、このモジュールで後ほど作成します。

あなたの会社の営業チームは Acme Corp に営業活動をしています。同社はトライアルライセンスを持ち、製品を気に入っています。今日、Acme は初めて購入しました。

Acme は、ユーザあたり 100 ドルで 25 ユーザを購入する契約を締結しました。製品の収益分配は 15% の PNR です。契約期間は、自動更新付きの 12 か月間です。

コンピュータの前に座り、Channel Order App を使用して注文を作成する女性

ライセンスを確認しましょう。すでに 1 個ありますが、トライアルバージョンから更新する必要があります。LMA で、ライセンスを更新して Acme の購入 (25 ユーザに対して有効) を反映します。LMA で、組織 ID を取得します。

次に、COA に案件の詳細 (誰が、何を、いくらで、いつ) を入力します。

  • 誰が? Acme は新規のお客様であるため、組織 ID を含む、会社の情報を入力します。組織 ID を正しく取得することは、正確な注文処理に不可欠なので、正しい組織 ID 情報を確実に取得ください。
  • 何を? 契約を選択し、製品カタログから名前で製品を選択します。
  • いくらで? ライセンス数量として「25」(ライセンスは組織単位ではなくユーザ単位) と、単価 100 ドルを入力します。Salesforce では、収益分配合計を売上合計の 15% として計算します。
  • いつ? サービスを開始する日付、注文を受領した日付、お客様が Salesforce サービス契約に同意した日付を入力します。

注文情報を入力すると、COA があなたの入力した情報を、契約条件および製品カタログと対照して検証します。

注文を送信する前に、いくつかの法的規約に合意する必要があります。これには、一般的な Salesforce 規約 (あなたが注文を送信する権限を有しているかの確認など) も、注文に含まれる特定の製品に関連するものもあります。規約に合意し、注文の詳細を再確認し、注文を送信します。COA の注文送信手順についての詳細は、『ISVforce ガイド』を参照してください。

新規のお客様の注文を送信できました。成功です。これで、Salesforce は注文を処理してパートナーに請求できます。次の単元では、注文処理を確認します。

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる