キャンペーンのレスポンスの管理

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • キャンペーンメンバーレコードを使用してキャンペーンのレスポンスを追跡する。
  • 活動資金集めキャンペーンが商談とどう連携するかを説明する。

いよいよ送信

No More Homelessness (NMH) のコミュニケーションスペシャリストである Michael が、NMH の今後のアドボカシートレーニングワークショップのキャンペーンを設定し、招待者をキャンペーンメンバーとして追加したため、チームは送信することができます。 

ここで留意すべき点は、キャンペーンの実施時に行われることの大半が Salesforce 外で実行されることです。おそらくあなたも DM 業者に委託してダイレクトメールを一括送付するか、NMH のように AppExchange にあるサードパーティアプリケーションを使用してキャンペーンメンバーにメールを送信することを計画するものと思われます。キャンペーンの種別に関係なく、Nonprofit Success Pack (NPSP) にキャンペーン、キャンペーンメンバーの状況、キャンペーンメンバーがすべて設定されたら、いつでもメッセージを送信できます。 

メモ

メモ

この単元では、キャンペーン、キャンペーンメンバー、商談レコードから直接キャンペーンのレスポンスを追跡する方法を確認しますが、大規模なキャンペーンにマーケティングの自動化ツールを使用している場合は、こうしたシステムによって一部の手順が実行されることがあります。

では、Michael がアドボカシートレーニングワークショップの招待へのレスポンスを追跡する手順を見ていきましょう。

キャンペーンのレスポンスの追跡

Michael が招待メールを送信するとすぐにレスポンスが届き始めました。NMH の賛助者はこの問題に高い関心を抱いており、大勢がワークショップにサインアップしています! Michael はこの時点で、レスポンスした各人のキャンペーンメンバーの状況を変更する必要があります。現在、すべてのキャンペーンメンバーの状況が NMH のデフォルトの送信済みになっています。

キャンペーンメンバーの状況を更新する手順は、次のとおりです。

  1. ナビゲーションバーで、[キャンペーン] をクリックし、編集するキャンペーンを見つけて選択します。Michael は [Event: June 2021 - Advocacy Training Day (イベント: 2021 年 6 月 - アドボカシートレーニングデー)] キャンペーンを編集します。
  2. [関連] をクリックします。
  3. [キャンペーンメンバー] セクションで [すべて表示] をクリックします。
  4. 状況を更新する必要のあるキャンペーンメンバーを見つけたら、その行のチェックボックスをオンにして選択します。1 つ以上のキャンペーンメンバーを選択できます。Michael は 5 人の取引先責任者を選択します。
  5. [状況の更新] をクリックします。

    [キャンペーンメンバー] リストビューの [状況の更新] ボタン
  6. [メンバーの状況] を選択します。Michael は前の単元のカスタム状況の中から [RSVP Yes (出欠確認: はい)] を選択します。
  7. [保存] をクリックします。

    [メンバーの状況] で [RSVP Yes (出欠確認: はい)] が選択された [メンバーの状況の更新] ウィンドウ

そして、数ステップで参加予定と連絡してきたキャンペーンメンバーの状況を更新します。 

キャンペーンレコードの [Total RSVPs (出欠確認の合計)] カスタム項目と [キャンペーンのレスポンス数] 標準積み上げ集計項目

商談レコードを使用したキャンペーン状況の更新

ここまでのところ、キャンペーンレコードで直接リードや取引先責任者を追加してからレスポンスを追跡するまで、NMH が実施するキャンペーンの管理のハンズオンアプローチに従ってきました。トレーニングワークショップと同様に、アドボカシー、ボランティア、意識向上キャンペーンでもこうした手順を実行する必要のある場合があります。

他方、NMH のような非営利団体が成果を追跡するもう 1 つの方法が存在し、特に商談レコードや収益と結び付いている活動資金集めキャンペーンでよく使用されます。

こうしたケースでは、商談レコードの主キャンペーンソース項目を使用して収益をキャンペーンに関連付けることができます。関連付けられている商談からキャンペーンレコードの積み上げ項目にデータが取り込まれ、キャンペーンに関連付けられている支援数や収益額を追跡できます。これらのツールは特に、活動資金集めの取り組みを評価したり、チャネル間または異なるメッセージ間の活動資金集めアピールを比較したりする場合に役立ちます (この点は次の単元で取り上げます)。

けれども、非営利団体の活動資金集めで大切なのは金額だけでなく、寄付してくれた人々も大切です。NPSP のキャンペーンメンバーの自動管理では、商談が作成または更新されたときにキャンペーンメンバーの状況を自動的に変更するという方法で、キャンペーンの財務情報とキャンペーンのメンバー情報を常に同期させます。

Michael の同僚で NMH の開発担当者である Sofia Rivera がこの点にどのように対処しているのか見てみましょう。 

Sofia は No More Hostile Architecture (敵対的建造物の阻止) 親キャンペーンに関連する自身のキャンペーンで、アドボカシーに焦点を当てた活動資金集めメッセージが支援者の心に響くかどうかテストします。NMH は活動資金集めで、アドボカシーキャンペーンの費用を賄うだけでなく、特に市議会が法案で新たな敵対的建造物の設置を求めている公園付近のバス停やその周辺の屋外広告を購入して、この問題を世間に広めたいと考えています。

では、Sofia が商談レコードでキャンペーンメンバーの状況をどのように変更するのか一緒に見ていきましょう。

まず、NMH の有力な支援者である Candace Evans の現在の状況を確認します。Candace は Sofia の活動資金集めキャンペーンのうちの 1 つに追加されており、現在の状況は送信済みです。

状況が [送信済み] の Candace Evans のレコードが強調表示されている [キャンペーンメンバー] リスト

Sofia の元に Candace からこのキャンペーンに充てる小切手が届いたため、Candace の取引先責任者レコードの [新規支援] ボタンをクリックして詳細を入力し、成立商談を作成します。支援をこのキャンペーンに関連付けるために、Sofia は [主キャンペーンソース] 項目で適切なキャンペーンを見つけて選択します。

[主キャンペーンソース] 項目が強調表示された [新規支援] インターフェース

Sofia が [保存] をクリックすると、Salesforce と NPSP が連携して、Candace のキャンペーンメンバーの状況が NMH の適切な状況 (この場合はシステム管理者が設定した [Donated (支援あり)]) に変更されます(システム管理者は、団体に適した状況が使用されるように [NPSP 設定] の [キャンペーンメンバーの自動管理] を設定できます。「リソース」に記載のドキュメントのリンク先を参照してください)。

状況が [Donated (支援あり)] の Candace Evans のレコードが強調表示された [キャンペーンメンバー] リスト

現在は、Sofia が No More Hostile Architecture (敵対的建造物の阻止) キャンペーンの賛同者からの支援を追加すると、各取引先責任者のキャンペーンメンバーの状況が自動的に [Donated (支援あり)] に更新されます。そして、この状況が各キャンペーンに適用されます。つまり、[主キャンペーンソース ] 項目に値が入力されている限り、支援者がキャンペーンに追加され、適切な [Donated (支援あり)] 状況に更新されます。

メモ

メモ

進行中の商談を作成してキャンペーンに関連付けた場合でも、NPSP によって支援候補者がキャンペーンに追加されます。こうした候補者には、システム管理者が別の状況を設定している場合を除き、キャンペーンメンバーのデフォルトのレスポンスなし状況が割り当てられます。商談が商談成立フェーズに進むと、キャンペーンメンバーの状況が、[NPSP 設定] の [キャンペーンメンバーレスポンスありの状況] で各自の団体が選択したキャンペーンメンバーの状況に更新されます。

Michael と Sofia は実施中のキャンペーンがうまくいっていると考え、この方法を続行します。けれども、ここで一歩下がって大局的に見てみましょう。次の単元では、キャンペーンの結果とデータに関するレポートの作成方法を確認します。

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる