キャンペーンとキャンペーン階層の作成

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • キャンペーン階層を使用してキャンペーンを整理する方法を説明する。
  • キャンペーンを作成する。
  • キャンペーン階層を作成して表示する。

No More Homelessness (NMH) のコミュニケーションインターンである Michael は、Nonprofit Success Pack (NPSP) でキャンペーンを作成する準備を整えました。チームには、今後の支援トレーニングワークショップを促進し管理する計画があり、Michael には Salesforce でそのすべてを管理するための適切な権限が NPSP で付与されています。Michael はキャンペーンレコードの命名規則を確認しました。キャンペーンレコードは見つけやすくなり、個々のキャンペーンがキャンペーン階層内で互いにどう関連するかがわかりやすくなっています。 

そういえば、キャンペーン階層の説明がまだでした。 

Michael はキャンペーンとは何か、階層とは何かは理解していますが、キャンペーン階層がどう機能するかを再確認しておくことにしました。Michael は NMH の優れた Salesforce システム管理者である Gorav に連絡し、自分の理解が正しいかどうか確認します。 

キャンペーン階層によるキャンペーンの整理

Salesforce では、キャンペーン階層はキャンペーンをグループにまとめる手段です。階層の最上位に親キャンペーンを作成して、その下に親に関連する子キャンペーンを設定することができます。階層の中間にあるキャンペーンは、それより下位にある一連のキャンペーンの親になり、それより上位にあるキャンペーンの子になります。 

キャンペーン階層の主な利点の 1 つは、階層内のキャンペーン全体で調達した資金の合計額、レスポンスした人数、他の総計値といった集計データをチームが表示できることです。キャンペーン階層にはさまざまな用途がありますが、非営利団体の多くは、戦略別または事業分野別にキャンペーンを分類する目的で階層を使用しています。 

キャンペーン階層を構造化する方法

NMH は階層を使用して今年の全キャンペーン活動を整理します。すべての支援活動を最上位の親キャンペーン 2019 Advocacy Campaigns (2019 年支援キャンペーン) の下にまとめます。第 2 レベルの親キャンペーンは、今年積極的に取り組んでいる主要な問題を表します。Michael は No More Hostile Architecture (敵対的建造物の阻止) に注力しています。これには、今後のトレーニングワークショップを含む、複数のアウトリーチおよびコミュニケーションが含まれます。この 1 レベル下には、条例の再考を促すための資金調達、認知度の向上、市への嘆願を目的とする具体的な手法用のキャンペーンがあります。階層の一番下のレベルには各キャンペーンイベントがあり、Michael が最も気にかけている支援トレーニングワークショップもここに含まれます。 

最上位に戦略目標、その下にイニシアティブを掲げたキャンペーンレベル、一番下に個々のキャンペーンを示す NMH のキャンペーン階層

NMH のすべての支援キャンペーンが階層化されているため、チームは個々のキャンペーンの結果と階層の全セクションの結果を確認することができます。Michael は特定のイベントやメールの詳細に加え、No Hostile Architecture キャンペーン全体の結果すべても徹底的に調査できます。こうしたインサイトは、Michael が NMH の取り組みを分析し、チームに次のステップを提言するうえでまさに必要としているデータです。

戦略的目標ごとにキャンペーンを分類することは、階層の用途の 1 つにすぎません。階層のもう 1 つの使い道は、キャンペーンを期間ごとに分類することです。この場合は、最上位に年間活動をまとめ、第 2 レベルで各四半期、第 3 レベルで四半期内の個別の各キャンペーンを表すことができます。NMH では、活動資金集めキャンペーンをこの方法で分類することがあります。 

階層を使用するもう 1 つの方法として、最上位を年次会議などの大規模イベントに使用することができます。第 2 レベルは、イベントへの招待や登録に関する連絡など、付随するマーケティング活動やアウトリーチ活動に使用し、第 3 レベルで各セッションの参加者数を追跡することが考えられます。

キャンペーン階層構造はどのように作成してもかまいませんが、できるだけ簡潔にしておくことをお勧めします。キャンペーン階層には最大 5 つのレベルを設定できますが、不要なレベルは追加しないでください。 

サードパーティのオンライン支援ツールやイベント登録ツールによって階層に制約が生じることもあるため、必ずこうした制限を理解したうえで構造を作成してください。どのような構造にするかに関係なく、その目標は団体にとって最適な形で機能するシステムを見出すことです。キャンペーン階層を設定する前に時間を取って主な関係者全員とオプションについて検討することが後々役に立ちます。 

Gorav は Michael の理解は正しいと保証しました。次は実際に NPSP でキャンペーンとキャンペーン階層を作成します。 

親キャンペーンの作成

NMH が今年のアウトリーチ活動の整理に使用する上 2 つのレベルの親キャンペーン 2019 Advocacy Campaigns (2019 年支援キャンペーン) と No More Hostile Architecture (敵対的建造物の阻止) はすでに作成されています。Michael はさらに、トレーニングワークショップ用に 1 つの親キャンペーンと複数の子キャンペーンを作成する必要があります。親キャンペーンは Advocacy Training Days (支援トレーニングデー)、予定されている最初のワークショップは Event: Advocacy Training - Jan 2019 (イベント: 支援トレーニング - 2019 年 1 月) にします。

概念的には、NMH の階層は次のようになります。 

Advocacy Training Days (支援トレーニングデー) の部分を拡大表示した NMH のキャンペーン階層。

では、Michael が新しいキャンペーンを親から追加するところを見てみましょう。 

  1. Salesforce にログインし、アプリケーションランチャー (アプリケーションランチャーアイコン。) を使用して、NPSP を見つけて選択します (まだ表示されていない場合)。
  2. [キャンペーン] タブでドロップダウン矢印をクリックし、[+新規キャンペーン] をクリックします。
  3. [新規キャンペーン] フォームで、レコードタイプを選択します。Michael は、NMH のシステム管理者がカスタマイズした [新規キャンペーン] フォームのリストから 1 つを選択する必要があります。Michael は [イベント] を選択します。 [新規キャンペーン] フォームで選択可能なカスタムレコードタイプ。
  4. 次のキャンペーン情報を入力します。
    1. [キャンペーン名] を入力します。前述のとおり、団体の誰もがすぐにわかる標準化された名前を使用します。この親キャンペーンは主な手法を分類するために使用するので、「Advocacy Training Days」(支援トレーニングデー) と入力します。
    2. [種別] を選択します。これらの値と各レコードタイプに表示される値は、Salesforce システム管理者がカスタマイズできます。Michael は [イベント] を選択します
    3. [状況] を選択します。
    4. [有効] をクリックします。このチェックボックスは、取引先責任者やリードを追加したときに、ルックアップにどのキャンペーンを表示するかを制御します。このチェックボックスをオフのままにすると、キャンペーンはアーカイブされます。つまり、引き続き存在はしますが、表示するには検索する必要があります。
    5. [親キャンペーン] を入力します。Michael は親キャンペーンに [No More Hostile Architecture (敵対的建造物の阻止)] を追加します。
    6. [開始日] と [終了日] を入力します。これは年間を通しての親キャンペーンであるため、Michael は [開始日] に「January 1」(1 月 1 日)、[終了日] に「December 31」(12 月 31 日) と入力します。
    7. キャンペーンの簡単な説明を入力します。
      [新規キャンペーン: イベント] フォーム。
  5. [保存] をクリックします。

子キャンペーンの作成

親キャンペーンを設定した Michael は続いて、NMH が 6 月に開催する特定のトレーニングイベント用の子キャンペーンを作成します。作成手順は次のとおりです。

  1. NPSP のナビゲーションバーから、[キャンペーン] タブのドロップダウン矢印をクリックし、[+新規キャンペーン] をクリックします。
  2. [新規キャンペーン] フォームで、レコードタイプを選択します。Michael は [イベント] を選択します。
  3. キャンペーン情報を入力します。これは、親キャンペーンに作成時に入力したセクションと同じです。今回違うのは、キャンペーンの具体的な情報のみです。
    1. [キャンペーン名] を入力します。Michael は NMH の命名規則に基づいて、「Event: June 2019 - Advocacy Training Day」 (イベント: 2019 年 6 月 - 支援トレーニングデー) というキャンペーン名を入力します。
    2. [種別] を選択します。
    3. [状況] を選択します。
    4. [有効] をクリックします。
    5. (省略可能) [親キャンペーン] を入力します。Michael は「Advocacy Training Days」 (支援トレーニングデー) を追加します。
    6. [開始日] と [終了日] を入力します。Michael はイベントの日付である「June 20」(6 月20 日) を入力します。
    7. キャンペーンの簡単な説明を入力します。
  4. 必要に応じて [イベント情報] セクションに入力します。NMH のシステム管理者はチーム用にこのセクションと項目を作成しました。あなたのシステム管理者が同じように作成していれば、同様に表示されます。Michael はイベントの場所とイベント会場の連絡窓口を追加します。
  5. [保存] をクリックします。

6 月のトレーニングワークショップの新しいキャンペーンレコードは次のようになります。

今後のイベントの新しいキャンペーンレコード。

Michael はこの機会に、本会計年度に予定されているすべての支援トレーニングデーを追加してしまおうと考えています。各キャンペーンの情報は同じです。違いはイベントの日付とキャンペーンの名前 (日付が含まれている) のみです。 

Michael は最初のキャンペーンレコードのコピーを作成し、必要な個所のみ少し変更します。このためには、元のレコードの上部で [コピー] をクリックし、名前項目と日付項目を変更して新しいレコードとして保存します。

[コピー] ボタンが強調表示されているキャンペーンレコードのヘッダー。

キャンペーン階層の表示

支援トレーニングデーの全キャンペーンを作成して整理したので、Michael はキャンペーン階層が No More Hostile Architecture (敵対的建造物の阻止) 親キャンペーンの下に正しく設定されていることを確認することにします。 

階層を表示するには、レコードのキャンペーン名の横にある [キャンペーン階層の表示] ボタンをクリックします。

[キャンペーン階層の表示] ボタンが強調表示されているキャンペーンレコードのヘッダー。

No More Hostile Architecture (敵対的建造物の阻止) キャンペーンの階層は次のようになります。

NMH の No More Hostile Architecture (敵対的建造物の阻止) のキャンペーン階層。

全キャンペーンレコードを設定したので、Michael は賛助者をイベントに招待できるようになりました。次の単元では、Michael がイベントの招待者のリストを作成し、キャンペーンを実行して、レスポンスを追跡するところを一緒に見ていきます。

リソース