キャンペーンメンバーの作成とエンゲージメントの監視

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • キャンペーンに誰を追加できるか説明する。
  • キャンペーンメンバーをキャンペーンに追加する。
  • キャンペーンメンバーレコードを使用してレスポンスを追跡する。

No More Homelessness (NMH) のコミュニケーションインターン Michael は、Nonprofit Success Pack (NPSP) で今後の支援トレーニングワークショップのキャンペーンレコードを設定しましたが、ワークショップには参加者が必要です!  

Michael はワークショップに招待する人々のリストを作成し、招待状を送信して、全員のレスポンスを追跡します。もちろん、各ワークショップの招待者が NPSP で対応するキャンペーンに正しく関連付けられていることを確認します。

キャンペーンにはキャンペーンメンバーが必要

Salesforce では、人々をキャンペーンに追加するには、まずその人の取引先責任者またはリードレコードが必要になります。リードまたは取引先責任者をキャンペーンに結び付けると、キャンペーンメンバーレコードが作成されます。これにより、キャンペーンへの個人のレスポンスを追跡できるようになります。レスポンスはキャンペーンのパフォーマンスがどの程度かを整理して理解するうえで重要なデータです。

キャンペーンメンバーレコードのデータの大半は、個人のリードまたは取引先責任者レコードから直接取り込まれますが、キャンペーンに関連する個人の状況を追跡する項目が追加されています。たとえば、キャンペーンにいくつかのキャンペーンメンバーレコードを追加した場合、イベントへの招待状を送信した後に状況を [送信済み] にすることが考えられます。レスポンスがない場合はこの状況のままになりますが、キャンペーンメンバーがイベントに登録した場合は、状況を「RSVP Yes」(出欠確認: はい) のような値に変更することができます。 

NMH のキャンペーンメンバーレコードは次のようになります:

キャンペーンメンバーレコード。

今後の支援トレーニングワークショップのキャンペーンにキャンペーンメンバーを追加し始める前に、Michael は招待へのレスポンスを追跡するのにどの状況を使用するか決める必要があります。 

キャンペーンメンバーのカスタム状況の作成

すべてのキャンペーンに自動的に設定され、関連付けられた各キャンペーンメンバーに適用できる状況が 2 つあります。「送信済み」と「レスポンスあり」です。キャンペーンの用途によっては、この 2 つで十分なこともあります。たとえば、キャンペーンを活動資金集めのみの目的で使用する場合、支援依頼には「送信済み」状況を使用し、キャンペーンメンバーが支援したら「レスポンスあり」に変更することができます。ただし、二択では足りないときもあります。うまい具合に、Salesforce ではキャンペーンメンバーの状況をカスタマイズできます。

個々のキャンペーンに独自の状況を追加し、必要に応じて別個に各キャンペーンメンバーに適用できます。キャンペーンメンバーのカスタム状況はキャンペーンごとに設定されるため、すべてのキャンペーン種別に共通の状況セットを作成することを強くお勧めします。そうすれば、明快なレポートを簡単に作成できます。

NMH のチームは、標準の状況「送信済み」を残し、イベントに対する 「RSVP Yes」(出欠確認: はい)、「RSVP No」(出欠確認: いいえ)、「Cancelled」(キャンセル)、「Attended」(参加)、「No Show」(無断キャンセル) を追加することにしました。では、Michael がこれらの新しいキャンペーンメンバーの状況を今後の支援トレーニングワークショップキャンペーンに追加するところを見てみましょう。 

  1. Salesforce にログインし、Nonprofit Success Pack (NPSP) をまだ開いていない場合は、アプリケーションランチャー (アプリケーションランチャーアイコン) を使用して見つけて選択します。
  2. 作業するキャンペーンレコードを見つけます。Michael はグローバル検索を使用して、作業する [Event: June 2019 - Advocacy Training Day (イベント: 2019 年 6 月 - 支援トレーニングデー)] を見つけました。
  3. [関連] をクリックします。
  4. [キャンペーンメンバーの状況] セクションで、[新規] をクリックします。[キャンペーンメンバーの状況] セクションで強調表示されている [新規] ボタン。
  5. メンバーの新しい状況を入力します。Michael は「RSVP Yes」 (出欠確認: はい) と入力します
  6. (省略可能) [レスポンスあり] チェックボックスをオンにします。これはキャンペーンメンバーが何らかの方法で返信したことを示します。キャンペーンメンバーのうち、状況の [レスポンスあり] チェックボックスがオンになっている人が、キャンペーンの積み上げ集計のレスポンスにカウントされます。
    [New Campaign Member Status (キャンペーンメンバーの新しい状況)] ページで強調表示されている [レスポンスあり] チェックボックス。

7.[保存] をクリックします。

1 つ目を終えたら、NMH チームが追加する他のキャンペーンメンバーの状況ごとにプロセスを繰り返します (RSVP No (出欠確認: いいえ)、Cancelled (キャンセル)、Attended (参加)、No Show (無断キャンセル) を追加)。完了したら、Michael はデフォルトの状況、つまり各キャンペーンメンバーに自動的に割り当てられる状況を確認します。現在のデフォルトの状況が「送信済み」になっていれば大丈夫です。「送信済み」はチームがデフォルトに選んだものですが、気が変わった場合には、Michael が [デフォルト状況を変更] ボタンを使用して別のオプションを選択できます。

キャンペーンメンバーの状況がすべて設定されると、次のようになります。 

キャンペーンメンバーのカスタム状況のリスト。

キャンペーンへのキャンペーンメンバーの追加

キャンペーンメンバーの状況を設定したので、Michael は選定したリードと取引先責任者のグループをキャンペーンメンバーとしてトレーニングワークショップイベントに招待できます。 

まず、昨年ボランティア活動と支援を行った取引先責任者を追加します。Michael は、この両方に該当するサポーターはコミュニティの支援者になることへの関心が特に高いと考えています。取引先責任者をキャンペーンメンバーとして追加する方法は複数ありますが、リストビューを使用します。まず取引先責任者に絞って追加していますが、リードオブジェクトからもまったく同じ手順でリードをキャンペーンメンバーとして追加できます。 

リストビューを使用して取引先責任者をキャンペーンメンバーとして追加する手順は、次のとおりです。

  1. NPSP のナビゲーションバーで、[取引先責任者] タブをクリックします。
  2. ギアアイコンをクリックして、[リストビューコントロール] を開きます。
  3. [新規] をクリックします。
    [リストビューコントロール] の [新規] オプション。
  4. リストビューに名前を付け、共有設定を選択します。Michael はこの新しいリストに「Training Day Invitees」 (トレーニングデーの招待者) という名前を付け、自分だけが表示できるようにします。
  5. [保存] をクリックします。
    [リスト名] が「Training Day Invitees」(トレーニングデーの招待者) で [自分のみがこのリストビューを表示できる] が選択された [新規リストビュー] オプション。
  6. [検索条件] ウィンドウがまだ開いていない場合は、検索条件アイコン 検索条件アイコン。 をクリックします。
  7. 検索条件を追加して、リストに表示される取引先責任者を制限します。[所有者別に絞り込み] で、Michael は [すべての取引先責任者] を選択し、[完了] をクリックします。続いて、[検索条件を追加] をクリックし、[最終支援日] 項目を追加して 2019 年 1 月 1 日以降に設定してから、[完了] をクリックします。もう一度 [検索条件を追加] をクリックし、[ボランティアの状況] を追加して「次の文字列と一致する 有効」に設定します。もう一度 [完了] をクリックします。
    Michael の検索条件が設定された [検索条件] ウィンドウ。
  8. [保存] をクリックします。
  9. 取引先責任者のリストビューができたら、続いて該当する取引先責任者をキャンペーンに追加します。列の最上部にあるチェックボックスをクリックして、リストのレコードをすべて選択します。
  10. [キャンペーンに追加] をクリックします。
    リストのすべての取引先責任者が選択され、[キャンペーンに追加] ボタンが強調表示されている。
  11. [キャンペーンに追加] フォームで、これらの取引先責任者を追加するキャンペーンを検索して選択します。ここで覚えやすくわかりやすい命名規則が役立ちます。
  12. [メンバーの状況] を選択します。カスタム状況を設定した場合は表示されます。Michael は状況に [送信済み] を選択します。
  13. 既存のキャンペーンメンバーについて、[既存のメンバーの状況を保持] または [選択したメンバーの状況に更新] を選択します。
    [キャンペーンに追加] ウィンドウ。
  14. [送信] をクリックします。

この取引先責任者のリストがキャンペーンに追加されので、それぞれにキャンペーンメンバーレコードが作成され、キャンペーンレコードの関連リストからアクセスして管理できるようになりました。 

キャンペーンレコードの [キャンペーンメンバー] 関連リスト。

Michael のようにリストビューを使用するのは、取引先責任者またはリードをキャンペーンに追加する方法の 1 つにすぎません。他にも次のような方法があります。 

  • 取引先責任者レコードまたはリードレコードの詳細ページから、個々のキャンペーンメンバーを手動で選択して追加する。特定の数人のみをキャンペーンに追加する場合に適したオプションです。
  • [キャンペーンメンバー] 関連リストのドロップダウンにある [キャンペーンメンバーの管理] オプションを使用して、リードまたは取引先責任者を追加する。1 つの項目値に基づいてリストをセグメント化できる場合には、このオプションが適していることがあります。
  • リードまたは取引先責任者のレポート結果から最大 5 万人のメンバーを追加する。リストを複数の条件でセグメント化する場合や、多数のキャンペーンメンバーをキャンペーンに追加する場合に最適なオプションです。

方法にかかわらず、取引先責任者をキャンペーンに追加しても Salesforce でレコードが結び付けられるだけです。その後で実際にメールや手紙などでキャンペーンメンバーにリーチアウトする必要があります。 

メールマーケティングに Pardot や Marketing Cloud などのツールを使用している場合は、リストをこれらのツールを使用して作成するメールと同期させることや、その逆が可能です。特定のニーズに最も合う他のオプションを探索するには、下記のリソースを参照してください。 

リソース