適切な自動化ツールを選択する

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • Salesforce フローに含まれているツールを挙げる。
  • ガイド付き視覚的環境の自動化に使用できるツールについて説明する。
  • バックグランドでの自動化に使用できるツールについて説明し、比較する。
  • 承認の自動化に使用できるツールについて説明する。

顧客は自動化を期待している

映画のチケットの購入や請求書の支払い、レストラン予約の変更など、操作の種類に関わらず、企業とのやりとりに顧客はシームレスでパーソナライズされた環境を期待しています。

たとえば、クレジットカードの再発行が必要な場合、サービスエージェントには多くの情報が必要になります。破損したのか、紛失したのか、または盗難なのか? 盗難の場合、最近の取引について心配しているのか? 新しいカードをどこに郵送したらいいのか? このような状況で顧客に対応し、関連データを収集して維持するには、複雑度が異なるさまざまなシステムが関係する場合があります。

かつては困難だった自動化

これまで、シームレスで自動化されたカスタマーエクスペリエンスの提供は、難しくて時間がかかり、大量のコードを書く必要がありました。ビジネスプロセスの性質によっては、次のことを行う必要がありました。

  • さまざまなシステムを統合する。
  • プロセスのロジックを設定する。
  • エンドユーザ環境を設計し、構築する。
  • デスクトップ、モバイルデバイス、内部アプリケーション、または外部ポータルなど、どこからでも利用できるようにする。

Salesforce フローの概要

Salesforce フローは、すべての Salesforce アプリケーション、環境、ポータルで宣言型プロセスの自動化を実現します。

Salesforce フローには、フローを作成するための Flow Builder と既存のプロセスを編集するためのプロセスビルダーという 2 つのポイント & クリック自動化ツールが含まれています。

この 2 つには次のような違いがあります。

  • Salesforce フローは製品名。
  • Flow Builder とプロセスビルダーはツール名。
  • フローを作成する場合は Flow Builder を、既存のプロセスを改良する場合はプロセスビルダーを使用する。

どのような場合に各ツールを使用するかについては後で説明しますが、ここでは、各ツールにビジネスプロセスがどのように表示されるのかを紹介します。

Flow Builder Flow Builder で設定されたサンプルビジネスプロセス
プロセスビルダー プロセスビルダーで設定されたサンプルビジネスプロセス

Salesforce フローでは、次のような操作を簡単に行うことができます。

使用事例 Salesforce フローの機能
画面を含むガイド付きチュートリアルまたはウィザードを作成する。 Flow Builder には、テキストボックス、ラジオボタン、ファイルのアップロードなど、標準で含まれている画面コンポーネントがあります。提供されている項目だけでは足りない場合は、画面にカスタム Lightning コンポーネントを追加します。
自動タスクおよびプロセスを設定する。 Flow Builder を使用して、ビジネスプロセスのロジックとアクションを宣言的に設定します。必要に応じて、カスタム Apex コードを作成して機能上の差異を補完できます。
外部システムに接続する。 プラットフォームイベントを使用して、Salesforce 組織と外部システム間で変更を伝達します。

Flow Builder では、プラットフォームイベントメッセージの応答と送信が可能です。また、外部サービスを使用してサードパーティシステムからデータを取得することもできます。

ページとアプリケーションに自動化を追加する。 レコードが変更されたり、ユーザが特定のボタンをクリックしたなど、適切なアクションが起こったら、バックグランドでプロセスが開始されるかどうか確認してください。

ガイド付き視覚的環境を構築したら、Lightning ページ、エクスペリエンスビルダーページ、Lightning アプリケーションのユーティリティバーなどに追加します。

作成したものを再利用する。 Flow Builder では、プロセスロジックまたはアクションをサブフロー要素で参照されるフローに分割します。このフローを他のビジネスプロセスで再利用したり参照したりできます。
プロセスビルダーでは、自動起動フローをプロセスから呼び出して複雑なビジネスプロセスを自動化できます。 

使用事例に適切な自動化ツール

結局のところ、プロセス駆動型環境は 1 つのプロセスのみで支えられているわけではありません。顧客に影響を与える可能性がある、組織内のビジネスプロセスをすべて組み合わせたもので成り立っています。各ビジネスプロセスは通常、次のいずれかに当てはまります。

ビジネスプロセスの種類 説明 利用できるツール
ガイド付き視覚的環境 従業員または顧客など、ユーザによる入力が必要なビジネスプロセス。 Flow Builder
バックグラウンドの自動化 必要なデータはすべて Salesforce 組織または接続システムから取得するビジネスプロセス。つまり、ユーザ入力は不要です。

Flow Builder (推奨)

プロセスビルダー (既存のプロセス用)

Apex

承認の自動化 休暇申請などのレコードが適切な関係者によってどのように承認されるかを判断するビジネスプロセス。 承認

フローとプロセスと Apex

システム管理者や開発者が考えなければならない最も難しいことの 1 つは、目下のジョブにいつどのツールを使用するかということです。一般に、最適なのはコードを使用しない宣言型のツールで始め、徐々に進めながら最終的にコードソリューションを使用するというやり方です。

Flow Builder

Flow Builder は次のような目的に使用します。

  • ガイド付き視覚的環境を自動化する。
  • バックグラウンドのビジネスプロセスを開始するタイミング:
    • ユーザがボタンなどをクリックしたとき
    • レコードを作成したとき
    • レコードを更新したとき
    • レコードを削除したとき
    • プラットフォームイベントが発生したとき
    • 指定した時間と頻度

たとえば、商談が成立したときに、更新商談が自動的に作成されるようにします。 

プロセスビルダー

バックグラウンドの自動化ニーズには Flow Builder の使用をお勧めします。プロセスビルダーは、すでに使い慣れている方が既存のプロセスを編集する場合にのみ使用してください。新しい自動化プロセスを作成する場合は、Flow Builder を使用してください。

プロセスビルダーには、Flow Builder と同じ機能が一部含まれています。プロセスは次のタイミングで開始します。

  • レコードが作成されたとき
  • レコードが更新されたとき
  • プラットフォームイベントが発生したとき

Apex

Flow Builder の標準機能以外の機能が必要な場合には、Apex を使用します。この場合は、呼び出し可能な Apex メソッドとして、より複雑な機能を作成します。作成した Apex をプロセス内の Apex アクションとして、またはフロー内の Apex アクション要素としてコールします。

次は、いくつかのサンプルシナリオを参照しながらこれらの原則をどう実践するかを確認しましょう。

サンプルシナリオ

次のシナリオで、Flow Builder を使用してフローを作成します。

  • サイトメンバーがステップバイステップウィザードのガイドに従って新しいクレジットカードを申請する。
  • 営業担当が商談のボタンをクリックすると、割引計算機能が起動する。
  • 取引先が更新されたら、その取引先に関連するすべての取引先責任者を更新する。
  • ある商談フェーズが更新されたら、カスタムチェックボックス項目も更新する。
  • プラットフォームイベントが発生したらタスクを作成する。
  • 一定時間が経過したら、または指定時間になったら、Salesforce のリードレコードを更新する。
  • 商談が完了したら、自動的に更新商談を作成する。

プロセスビルダーは、既存のプロセスを編集する場合にのみ使用します。

「承認」で承認プロセスを作成して、従業員の休暇申請をマネージャに転送して承認を得ます。


承認プロセスとは?

ここにもう 1 つツールを加えてみました。承認は Salesforce フローには含まれていませんが、Salesforce フローではできない操作を自動化する宣言的方法です。とは言っても、Salesforce フローではレコードの承認申請の自動化はサポートされています。「承認」については、このモジュールの後半で詳しく説明します。

リソース



無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる