進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

Flow Builder を使用してビジネスプロセスに従うユーザを誘導する

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • フローを定義し、その主要コンポーネントを挙げる。
  • フロー要素の種別について説明する。
  • レコードを作成し、ファイルをアップロードするフローを作成する。

Flow Builder の使用開始

フローは、複数の用語で表されることがあります。正式な用語を再確認しましょう。

  • Lightning フロー — フローおよびプロセスの作成から、管理、実行までを行うことができる包括的な製品。
  • Flow Builder — フローを作成できるポイント & クリックツール。
  • フロー — ビジネスプロセスを自動化するアプリケーション。Salesforce 組織または外部システムでデータを収集し、何らかの操作を実行します。

簡単に言うと、Lightning フロー製品には 2 つのツールが含まれています。そのうちの 1 つが Flow Builder で、これを使用してフローを作成します。

中級編

Cloud Flow Designer Visual Workflow という機能について聞いたことがあるかもしれません。Cloud Flow Designer は Flow Builder に置き換えられました。Flow Builder は、簡略化されたユーザインターフェースを備えたより迅速なツールで、フローの作成と管理が合理化されます。Visual Workflow は、すでに廃止されていますが、フローを設計、管理、実行する機能です。Visual Workflow も Lightning フローに置き換えられました。

フローのビルディングブロック

すべてのフローは、3 つのビルディングブロックで構成されます。

フローの要素、コネクタ、およびリソース
  • 要素 (1) は、キャンバスに表示されます。キャンバスに要素を追加するには、要素をクリックするか、ツールボックスからキャンバスにドラッグします。
  • コネクタ (2) は、実行時にフローが通るパスを定義します。フローで次に実行される要素を指定します。
  • リソース (3) は、項目値や数式など、特定の値を表すコンテナです。リソースは、フローのどこででも参照できます。たとえば、取引先の ID を検索して、その ID を変数に保存し、後で ID を参照して取引先を更新します。

フロー要素は、4 つのカテゴリに分けれらます。

画面
画面要素を使用して、ユーザにデータを表示したり、ユーザから情報を収集したりします。画面には、簡単な項目 (入力項目など)、ラジオボタン、標準の Lightning コンポーネント (ファイルのアップロードなど) を追加できます。標準の項目とコンポーネントで作成されたフロー画面

カスタムナビゲーション、またはテーブル形式で表示される情報など、フロー画面に標準以上の機能が必要な場合は、カスタム Lightning コンポーネントを作成またはインストールします。カスタムコンポーネントを使用したフロー画面。

ロジック
フローの流れを制御します。ブランチを作成、データを更新、データセットをループ、または特定の時間待機します。
アクション
画面でユーザから収集するなどして必要な情報を得たときに、Salesforce で何らかの操作を実行します。フローでは、Salesforce レコードの検索、作成、更新、削除を行うことができます。また、Chatter 投稿の作成、レコードの承認申請、メールの送信を行うこともできます。標準的なアクションでは必要な操作が不可能な場合は、フローから Apex コードをコールします。
インテグレーション
コアアクションまたは Apex アクションを使用して、フローを外部データベースに接続します。コアアクションを使用すると、Salesforce サーバを経由せずに要求を実行できます。Flow Builder にはプラットフォームイベント関連の機能が 2 つあります。[レコードの作成] 要素を使用して、プラットフォームイベントメッセージを公開します。[一時停止] 要素を使用して、プラットフォームイベントに登録します。

ツアーを開始

フローを作成するとき、Flow Builder から操作します。

Flow Builder のユーザインターフェースのスクリーンショット。数字はツールボックス、キャンバス、ボタンバーを示しています。
ボタンバー (1)
ボタンバーにはフローに関する次のような情報が表示されます。
  • フローが有効かどうか
  • フローがどれだけ前に保存されたか
  • フローに警告やエラーがあるかどうか警告やエラーを表示するには、それぞれのアイコンをクリックします。
キャンバス (2)
キャンバスは、要素を追加してフローを作成する作業エリアです。キャンバスに要素を追加して要素を接続するときに、フローのダイアグラムが表示されます。
ツールボックス (3)
ツールボックスには、フローを作成するために使用する要素とリソースが含まれています。
  • [要素] タブから、[画面] や [レコードの作成] などの新しい要素をフローに追加します。
  • [マネージャ] タブから、フローで使用する変数、フェーズ、選択肢などのリソースを作成します。または、フローに追加したすべての要素とリソースのリストを表示します。
キーボードショートカット
次の便利なキーボードショートカットを使用すると、フローをすばやく操作できます。
Windows
  • ズームインするには、CTRL = キーを押します。
  • ズームアウトするには、CTRL - キーを押します。
  • 画面サイズに合わせてズームするには、CTRL 0 キーを押します。
  • ズームして表示するには、CTRL 1 キーを押します。
  • パンするには、スペースバーを押しながらマウスでキャンバスをドラッグします。
  • キャンバス上で複数の要素を選択するには、Shift キーを押しながら各要素をクリックします。
Mac
  • ズームインするには、Command = キーを押します。
  • ズームアウトするには、Command - キーを押します。
  • 画面サイズに合わせてズームするには、Command 0 キーを押します。
  • ズームして表示するには、Command 1 キーを押します。
  • パンするには、スペースバーを押しながらマウスでキャンバスをドラッグします。
  • キャンバス上で複数の要素を選択するには、Shift キーまたは Command キーを押しながら各要素をクリックします。

フローの作成

ページレイアウトによっては、オブジェクトに多数の項目を使用できますが、単にレコードを素早く作成したいユーザは圧倒されてしまう場合があります。取引先の作成を合理化するフローを作成しましょう。フローが実行されると、ユーザが入力した新しい取引先についての情報に基づいて取引先レコードが作成され、ユーザはその取引先レコードにファイルをアップロードできます。
ヒント

ヒント

まずビジネスプロセスを計画してから、自動化を試みます。そうすることで、いずれかの自動化ツールを使用するときに、設定がはるかに容易になります。

[設定] から、[クイック検索] ボックスに「フロー」と入力して、[フロー] を選択し、[新規フロー] をクリックして [画面フロー] を選択し、[作成] をクリックします。

ユーザ入力を収集する画面の追加

  1. ツールボックスから、キャンバスに [画面] 要素をドラッグします。
  2. [表示ラベル] 項目で、「New Account」 (新規取引先) という名前を付けます。
  3. [画面コンポーネント] で、[テキスト] をクリックし、もう一度 [テキスト] をクリックします。
  4. 最初の [テキスト] 画面コンポーネントを選択し、[表示ラベル] 項目に「Account Name」(取引先名) と入力します。
  5. 2 番目の [テキスト] 画面コンポーネントを選択し、[表示ラベル] 項目に「Phone Number」(電話番号) と入力します。
  6. フッターを選択し、右側の [ナビゲーションを制御] の下で、[前へ][一時停止] を選択解除します。
  7. [完了] をクリックします。

[レコードの作成] 要素を追加してレコードを作成

[レコードの作成] 要素は、[New Account (新規取引先)] の値を使用して取引先レコードを作成します。
  1. ツールボックスから、キャンバスに [レコードの作成] 要素をドラッグします。「Create Account (取引先の作成)」と名前を付けます。
  2. [レコード項目の設定方法] で、[個別の変数、リソース、およびリテラル値を使用] を選択します。
  3. [このオブジェクトのレコードを作成] で、[取引先] を選択します。
  4. [項目] で [名前] を選択します。
  5. [値] で [画面コンポーネント] | [Account_Name] を選択します。
  6. [項目を追加] をクリックします。
  7. [項目] で [電話] を選択します。
  8. [値] で [画面コンポーネント] | [Phone_Number] を選択します。
  9. [取引先 ID を変数に保存] で、[変数] ドロップダウンから [新規リソース] を選択します。[新規リソース] ウィンドウが表示されます。
    1. [リソース種別] で、[変数] を選択します。
    2. API に「Account_Id」という名前を付けます。
    3. [データ型] では、[テキスト] を選択します。
    4. [完了] をクリックします。
  10. [取引先 ID を変数に保存] で、[変数] ドロップダウンから [変数] | [Account_Id] を選択します。
    [レコードの作成] 要素が次のようになっていることを確認します。[レコードの作成] 編集画面のスクリーンショット
  11. [完了] をクリックします。

ファイルのアップロードを有効にする画面の作成

2 番目の画面要素では、作成した取引先にファイルをアップロードできるようにします。
  1. [画面] 要素をもう 1 つキャンバスにドラッグします。
  2. [画面のプロパティ] で、次のように設定します。
    1. [表示ラベル] 項目で、画面に 「Upload Files」 (ファイルのアップロード) という名前を付けます。
    2. [ナビゲーションを制御] で、[前へ][一時停止] を選択解除します。
      この選択を行わないと、ユーザは最初の画面に戻ることができるため、誤って複数の取引先が作成される可能性があります。
  3. 左側の [画面コンポーネント] で、[ファイルのアップロード] をクリックします。
    1. [API 参照名] に「accountFiles」と入力します。
    2. [File Upload Label (ファイルのアップロードの表示ラベル)] に、「Upload Related Files」(関連ファイルのアップロード) と入力します。
    3. [関連レコード ID] で、[変数] | [Account_Id] を選択します。
    4. [複数のファイルを許可] で [$GlobalConstant.True] を選択します。
    [ファイルのアップロード] コンポーネントの項目の設定
  4. [完了] をクリックします。

設定どおり、この [ファイルのアップロード] コンポーネントでは、作成した取引先に一度に複数のファイルをアップロードできます。

要素を接続してフローを完了

フロー要素を接続すると、フローが実行時に従う順序を指定できます。
  1. [開始] の下部にあるノードをクリックし、[New Account (新規取引先)] にドラッグします。
  2. [New Account (新規取引先)] の下部にあるノードをクリックし、[Create Account (取引先の作成)] にドラッグします。
  3. [Create Account (取引先の作成)] の下部にあるノードをクリックし、[Upload Files (ファイルのアップロード)] にドラッグします。
    [New Account (新規取引先)] を [Create Account (取引先の作成)] に接続し、[Create Account (取引先の作成)] を [Upload Files (ファイルのアップロード)] に接続します。
  4. フローを保存し、[フローの表示ラベル] で 「Quick Account」 (簡易取引先) という名前を付けます。[種別] が [画面フロー] に設定されていることを確認します。
  5. [保存] をクリックします。
    Lightning ランタイムに関する警告が表示されたら、それをスキップします。次はそれについて説明します。

フローランタイム環境の選択

Salesforce には、フロー実行時のデザインを決定する 2 つのランタイム環境があります。フローを Lightning Experience と調和させるには、組織で Lightning ランタイムが有効になっている必要があります。
  1. [設定] から、[クイック検索] ボックスに「自動」と入力し、[プロセスの自動化設定] を選択します。
  2. [フローの Lightning ランタイムを有効化] がオンになっていることを確認します。
  3. 変更内容を保存します。
メモ

メモ

この設定は、URL ベースのフローにのみ影響します。これには、カスタムボタンまたは Flow Builder の [実行] ボタンで実行されるフローが含まれます。詳細は、「【Lightning Flow Runtime vs. Classic Flow Runtime|Lightning フローランタイムと Classic フローランタイムの比較】」を参照してください。

フローの配布

次に、適切なユーザにフローを配布します。そのために、フローをホームページに追加します。
フローのさまざまな配布方法については、「画面フローの配布」モジュールを参照してください。

フローの有効化

Lightning アプリケーションビルダーで使用できるのは有効なフローのみなので、まずフローを有効化します。
  1. [設定] から、[クイック検索] ボックスに「フロー」と入力し、[フロー] を選択します。
  2. [Quick Account (簡易取引先)] をクリックします。
  3. フローの適切なバージョンを見つけて、[アクション] 列で [有効化] を選択します。

ホームページへのフローの追加

  1. ホームページを作成します。
    1. [設定] から、[クイック検索] ボックスに「ビルダー」と入力し、[Lightning アプリケーションビルダー] を選択します。
    2. [新規] をクリックします。
    3. [ホームページ] を選択し、[次へ] をクリックします。
    4. ページに名前を付けて、[次へ] をクリックします。
    5. [Salesforce のデフォルトページをコピー] をクリックして、[デフォルトのホームページ]を選択し、[完了] をクリックします。
  2. フローコンポーネントを右列の最上部にドラッグします。
    フローコンポーネントをホームページにドラッグ
  3. [フロー] で、[Quick Account (簡易取引先)] を選択します。
  4. 変更を保存し、ページを有効化します。このページをデフォルトのホームページとしてマークを付け、[保存] をクリックします。
  5. ホームページに移動して、実際のフローを確認します。
    1. [戻る] をクリックして [設定] に戻ります。
    2. アプリケーションランチャーアイコン をクリックして、[すべての項目] で [ホーム] をクリックします。
変更されたホームページ

ユーザがフローを実行できることの確認

ユーザがフローを実行できるようにするには、「フローを実行」ユーザ権限を権限セットまたはプロファイルに追加し、それを適切なユーザに割り当てます。
メモ

メモ

無効なフローを実行できるのは、フロー管理者 (「フローの管理」ユーザ権限を持つユーザ) のみです。

もうひとこと...

  • フローインタビューは、フローの実行中のインスタンスです。フローを配布するとき、ユーザはそのフローの個々のインタビューを操作します。
  • この単元では、単純なフローの例を説明します。そのフローをカスタマイズして、機能を追加できます。たとえば、Quick Account (簡易取引先) フローを拡張して、取引先番号や会社形態など、他の取引先項目の値を設定することができます。または、同じ入力内容を使用して、取引先責任者や商談を作成することもできます。

リソース