進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

オープンソースのブロックチェーン技術

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • ブロックチェーンのビジネス上のメリットを説明する。
  • ブロックチェーンに対する IBM の考え方を説明する。

絶え間ない進化! 前の単元では、ビジネスでブロックチェーンがどう機能するのかを説明しました。では、利点は何でしょうか?

ブロックチェーンのビジネス上の利点

資本を示す 1 スライスが切り離された円グラフ。

キャピタルフローの強化

ブロックチェーンを使用して締結される契約は自動化され、確定しています。企業は締結のスピードアップ、コスト削減、リスク軽減からメリットを得られます。これらすべてによって企業は顧客とよりよい関係を育み、新しい収益源を築くことができます。

針が高域を指している計測器。

プロセスの改善

最初の単元で説明したように、従来のビジネスネットワークでは、すべての参加者がそれぞれ独自の台帳を維持管理しているため、重複や不一致というリスクがあります。ブロックチェーンでは、コンセンサスに達した後は取引を変更できないため、企業は時間とコストを削減しながらリスクを軽減できます。 

チェックマークの付いた盾。

セキュリティと信頼

ブロックチェーンのコンセンサスには、データセットが統合され、一貫性が保たれるという利点があります。また、ブロックチェーンでは共有台帳に含まれる情報が単独の関係者によって管理されることはないため、取引情報の流れにおける信頼性と完全性が向上します。

オープンソースに対する IBM の考え方

2015 年、IBM を含む企業のグループが、既存のブロックチェーン技術には実際に企業に適したものが 1 つもないと判断しました。そこで、Hyperledger Project を設立し、企業の要件を念頭に置いて新しいプラットフォームを構築することにしました。それは、高度に規制された環境で使用可能なブロックチェーンで、分散型、パーミッション型セキュアな中心として価値をもたらします。 

分散型、パーミッション型でセキュアであることの価値がそれぞれ、ノードによる多角形、チェックマークのついた立方体、鍵で表されています。

Hyperledger Project は、Apache サーバや Linux カーネルと同様に、このように重要な技術を 1 つのベンダーが支配するべきではないと認識しています。1 つの企業からしか入手できなければ、決して成功しないでしょう。そのため、複数の企業が協力して Hyperledger を設立しました。これは、Linux Foundation 史上最速で拡大したプロジェクトです。 

メモ

メモ

Hyperledger の最初のプロジェクト Hyperledger Fabric は、オープンガバナンスの下で設立されました。28 の企業を代表する 159 人のエンジニアが Fabic の最初のリリースに貢献しました。これにより、オープンガバナンスの下でオープンソースを開発する価値が証明されました。それ以降、Hyperledger ではさらに 9 個のプロジェクトが生まれました。 

ビジネスシナリオでブロックチェーンがどのように動作するかを見てみたいと思いませんか? それは、次の単元で説明します。テストの後でまたお会いしましょう。

リソース