進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

ビットコインとブロックチェーンネットワークの関係

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • ビットコインとブロックチェーンの違いを説明する。
  • ブロックチェーン技術の進化を説明する。
  • ブロックチェーンネットワークのしくみを説明する。

ビットコインとブロックチェーンについて理解できていますか?

ビットコインとブロックチェーンは同じものでしょうか? いいえ、違うものです。ただし、両者は緊密に関係しています。 

最初にブロックチェーンを使用したのはビットコインです。実は、ブロックチェーンはビットコインをサポートするために考案されました。そのため、何気なくビットコインという用語がブロックチェーンの意味で (またはその逆に) 使用されることがよくあります。 

ブロックチェーン技術は他の業種で適用されてきましたが、依然として混同されています。

ビットコインとブロックチェーンの違い

ビットコインは、サトシ・ナカモトが 2008 年に考案した、法的規制のない仮想通貨です。暗号通貨とも呼ばれます。ビットコインの背景にある考え方は、政府による統制を迂回してオンライン取引を簡略化するというものでした。当然、お金だけあってもこれは実現できません。取引自体をセキュアに追跡する手段が必要になりました。

ブロックチェーンの歴史は 1990 年代に理論として始まりました。2008 年にはビットコインの使用事例で有名になり、この 10 年ほど発展してきました。

ビットコインの取引は、オープンで公開されている匿名のピアツーピアネットワーク上のブロックチェーンを使用して保存され、移転されます。つまり、ブロックチェーンはビットコイン台帳を維持するための基盤です。

ブロックチェーンネットワークのしくみ

ブロックチェーンでは、銀行など取引を仲介する第三者を必要としません。信頼と透明性を確立するために、ブロックチェーンでは以下を使用しています。

  • ハッシュ (SHA256 暗号化ハッシュなど)。どんなに小さな変更でも、ハッシュ値が違えば、別のブロックになります。変更は一意の ID で表され、変更があればネットワークの全員が明確に把握できます。
  • デジタル証明。取引が適切な参加者から発生するようにします。つまり、なりすましはありません。
  • コンセンサス (合意)。データを検証するための一連のチェックです。言い換えると、特定の正確さの証明に全参加者が合意します。
メモ

メモ

ビットコインの場合、「マイニング」という形式のコンセンサスが使用されます。メンバーが複雑でリソース集約型の等式を処理して文字列を作成し、それを他のメンバーが取引の正当性の検証に使用します(マイニングについての詳細は、「リソース」セクションを参照)。

ブロックチェーンネットワークの非中央集権的な性質が、単一または複数の参加者がシステム全体を攻撃するのを防止します。全員が平等で、同じルールに従います。 

これにより、ネットワークの全メンバーによって、明確かつ透明性のある信頼できる方法で変更が合意された場合を除き、取引の変更や無効化はできなくなります。

リソース