成功する在宅勤務

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • バーチャルなつながりを最大限に活用する。
  • 自宅のワークスペースから成功する。

交流を保つ

在宅勤務をしていると、ときどき自分は切り離されて孤立していると感じることがあります。チームとのつながりを保ち、仕事上のプロジェクトでコラボレーションする方法については説明しました。とはいえ、バランスの取れた状態を維持するには、社会的な交流も必要です。

個人レベルでは、社会的つながりが気力や意欲を支えます。同僚間の絆も強まり、信頼関係や協力関係が築かれます。同僚との交流は、精神面だけでなく、あなたのキャリア、評判、人間関係にも効果があります。

当然、どの程度の交流が必要かは、人それぞれ異なります。数人の友人がいれば十分な人も、多いほど楽しくなる人もいるでしょう。

どちらにしても、友人との交流は効果のあるストレス解消法です。他者との交流に効果がある (必須でさえある) 理由の詳細は、「リソース」セクションにリストされた記事を参照してください。

在宅勤務に適した交流活動

ヒントが必要ですか? 次のアイデアを試してみてください。

  • リモートで参加しやすい読書グループを始める。
  • 技術やスキルを学ぶバーチャルクラスを受講する。
  • ダンス、ヨガ、またはチェスを学ぶオンラインクラスを受講する。
  • Chatter でテーマを設定したグループを始める (映画好きのための「ムービークラブ」など)。
  • 週 1 回、テーマに沿って写真を共有する定例イベントを始める(#PhotoFriday)。

同僚をバーチャルコーヒーに招待する

同僚やチームメイトの 1 人を、自分とのバーチャルコーヒーやティーミートアップに招待します。チームメイトがどこにいても関係なく、何が起こっているのか詳しく話を聞け、オフィスで雑談をしているような気分も味わえます。

グループでの交流機会を増やす場合は、毎月、複数の同僚とのバーチャルコーヒーやバーチャルティーの日をスケジュールしましょう。連絡を取り合うのはよいことであり、つながりを感じる優れた方法です。

バーチャルハングアウトを開催する

タイムゾーンが違う人も含め、全員にとって都合のよい時間に、同僚とのリモートハングアウトを開催します。基本ルールの設定を検討します。たとえば、社交的なおしゃべりのみ (仕事の話は禁止) や、家族、友人、ペットの参加歓迎 (または禁止) などです。集まりにこだわりのあるテーマを設定することもできます。たとえば、お気に入りの映画の台詞を共有する、トリビアクイズを出す、音楽を演奏する、全員がおかしな帽子をかぶるなど、想像力を発揮しましょう。

1 つ重要な注意事項があります。ハッピーアワーを開催すると決めたら、全員が無理なく自分らしく参加できるようにします。お酒は任意にします。

各同僚が自分のコンピュータから参加している、バーチャルウォータークーラーチャット

思いつきも大事

素晴らしいバーチャミーティングが思いつきで始まることもあります。午後にくつろいでいて少しギターを弾くことにしたとします。バーチャルハングアウトを始め、同僚と共有します。ひょっとしたら、それが凄いジャムセッションになって、後年まで語り継がれるかもしれません。

自宅から成功するための準備完了

ここでは、どこにいても、ホームオフィスを用意して、自分の存在を示し、コラボレーションする方法を学習しました。この危機の時代に、そしてその先も、自宅から成功するための準備ができました。

リソース

ブログ記事: Workplace Socializing Is Productive (職場での交流は実りが多い)

ブログ記事: How Much Coworker Socializing Is Good for Your Career? (どの程度同僚と交流すればキャリアに効果があるか?)

ブログ記事: The Importance of Being Social (社交的であることの重要性)