Business Manager 設定の確認

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • 立ち上げ準備状況を確認する必要のある、重要な機能エリアを挙げる。
  • マスターとストアフロントカタログを設定する重要性を説明する。
  • 2 種類のユーザに対する、検索の絞り込みと並び替えルールの機能を説明する。
  • 価格設定をストアフロントで表示するために確認する必要のある 3 つの項目を挙げる。
  • ストアフロントの SEO URL 構成を検証するために確認する必要のある 3 つの項目を挙げる。

はじめに

Business Manager には、ストアフロントを運用するための多くのデータと設定が保存されています。設定はストアフロントの動作を指定するため、立ち上げ前に確認することが重要です。違いをすべて書き出し、それぞれに対処する十分な時間を用意します。円滑な立ち上げは、徹底的な評価作業にかかっています。

立ち上げ準備状況を確認する必要のある、重要な機能エリアの判別から開始しましょう。

  • 商品およびカタログ
  • 検索
  • オンラインマーケティング
  • Ordering (注文)
  • サイトの URL
  • サイト設定

Business Manager の確認すべき重要な機能エリア。

商品およびカタログ設定の確認

ストアフロントの最も重要なエリアの 1 つが、商品およびカタログデータです。

マスターとストアフロントカタログ

少なくとも 2 つのカタログがあることを確認します。商品を所有するマスターカタログと、同じ商品がストアフロントカテゴリに割り当てられているストアフロントカタログです。この設定は国際化のために重要です。国際的な運用では、商品が複数のストアフロントで共有される可能性があります。各ストアフロントでは、カテゴリ経由で独立した独自のナビゲーションを使用できます。

次のことを確認します。

  • マスターカタログとストアフロントカタログが設定されている。
  • ストアフロントカタログがサイトに割り当てられている。
  • ストアフロントカタログに商品が割り当てられているが、ストアフロントカタログは商品を一切所有していない。

ストアフロント

ストアフロントのベストプラクティスにより、すばらしい購入体験を提供できます。商品およびコンテンツアセットのしっかりとした管理を維持することが重要です。標準カタログとストアフロントカタログの両方を使用して、現在と未来のビジネスニーズをサポートします。ストアフロントカタログのナビゲーションをミラーリングしたサイトナビゲーションを構築します。これにより、ストアフロントでカテゴリを表示する方法を、非常に柔軟に管理できます。

検索の絞り込みおよび並び替えルール

検索の絞り込みと並び替えルールは、2 種類のユーザをサポートします。買い物客が探し求める商品を見つけられるようにサポートし、マーチャンダイザーが購買を誘う並び替え順で商品を表示できるようにします。

デフォルト並び替えルールは、ストアフロントカタログルートに適用されています。検索の絞り込みも、ストアフロントカタログルートで設定されています。いずれも、ストアフロントカタログ全体で継承モデルに従います。つまり、下位レベルの分類は、親の並び替えルールと検索の絞り込みを継承します。

デフォルト並び替えルールおよび検索の絞り込みが設定されていることを検証します。これにより、買い物客とマーチャンダイザーの両方が望む結果を得られます。

リファレンスアーキテクチャカテゴリおよび商品オブジェクト属性

カテゴリおよび商品オブジェクトは、リファレンスアーキテクチャをサポートする属性を含みます。カスタムソリューションは、リファレンスアーキテクチャ属性をカスタム属性と組み合わせて、ビジネスの要件を満たします。これは開発およびテストのみを目的としています。

立ち上げ前に、属性グループからリファレンスアーキテクチャ属性を削除して、Business Manager のカテゴリおよび商品ページを合理化し、新しいカテゴリや商品のセットアップ時のミスの可能性を取り除きます。グループから属性を削除しても、Business Manager の商品またはカテゴリページから削除されるだけです。属性やデータベースからの値は削除されません。

使用している属性のリストを含むデータモデルスプレッドシートと、Business Manager の商品およびカテゴリオブジェクトを比較して確認します。

価格表

ストアフロントで価格を表示するために、価格表を適切に設定する必要があります。Business Manager で、少なくとも 1 つの価格表が次に該当することを確認します。

  • 存在する
  • サイトに割り当てられている
  • 有効である

複数の価格表がサイトに割り当てられている場合、共通の設定にはリスト価格表 (usd-list-prices) と販売価格表 (usd-sale-prices) が含まれます。

次のことを確認します。

  • どちらも有効でサイトに割り当てられている。
  • 販売価格がリスト価格に基づいている。
  • 過去/現在の価格設定に合わせて価格が表示されている (取り消し価格設定とも呼ぶ)。

在庫リスト

商品が在庫に属するように、少なくとも 1 つの在庫リストが存在し、サイトに割り当てられている必要があります。Business Manager で確認します。また、テスト目的で適用した在庫処理が削除され、実際の在庫がサイトに反映されていることを確認します。

オンラインマーケティング設定の検証

マーチャントのキャンペーンとプロモーションが意図したとおりに機能し、テストキャンペーンおよびプロモーション (リファレンスアーキテクチャからのものなど) が削除されていることを確認します。

マーチャントが実店舗である場合、[Stores (店舗)] オブジェクトを使用して、各店舗のデータを格納し、ストアフロントで店舗検索機能を使用することがよくあります。その場合は、すべての店舗データが完全であることを確認します。

注文処理設定の検証

Business Manager の配送方法設定が指定されていることを確認し、ストアフロントで表示されることを確認します。テスト配送方法 (リファレンスアーキテクチャからのものなど) が削除されていることを確認します。

サイトの URL 設定の検証

URL は、ストアフロント以外での検索の販売を促進します。このエリアは、開始時点で適切に設定しておく必要があります。次のことを確認します。

  • URL ルールが有効になっている。
  • URL 競合が解決している。
  • 文字の置換が設定されている。
  • インスタンスごとに一意のエイリアスが設定されている。
  • 301 レガシー URL から新しい URL への静的および動的マッピングが設定されている。
  • 地域情報要件に基づいて、地域情報マッピングが設定されている。

URL ルール

すべての URL が一意であることを確認します。競合を書き出し、マーチャントが解決の指示を提示できるようにするか、自ら競合を解決できるようにします。

グローバルな URL ルールが適切に設定されていることを確認します。次の最小限の設定を確認します。

  • [Blank Replacement (空白の置換)] が [-] (マイナス) に設定されている。
  • [Character Replacement (文字の置換)] が有効であり、置換ルールが設定されている。
  • 複数の地域情報を使用するサイトの [Locale Mapping (地域情報マッピング)] ルールが、[None (なし)] 以外の値に設定されている。

パイプライン

パイプライン (廃止) を使用している場合、ストアフロントで提示されるパイプラインのリストと、エイリアスルールのリストを合わせて確認します。それぞれが説明されなければなりません。この確認が重要であるのは、エイリアスが設定されていない場合、結果 URL に SFCC.store という値が含まれるためです。これにはストアフロントのブランディングは反映されず、不要に URL が長くなり、SEO ランキングが下げってしまいます。

シングルサイトまたは複数サイトのエイリアス設定を使用できます。複数サイトの構成とは、同じ Business Manager インスタンスに複数のサイトが存在することを意味します。ストアフロントリンクをクリックすると、すべてのサイトにホスト名 my-site.SFCC.net が含まれます。サイトが指定されるのは、ホスト名の終わりではありません。たとえば、/Sites-myFirstsite-Site/Sites-mySecondsite-Site です。

これが問題であるのは、個々のインスタンスのそれぞれのサイトは一意のエイリアスを持たなければならないというルールに違反するためです。このような設定でもストアフロントにアクセスできますが、エイリアスが一意でなければ、静的または動的マッピングルールを検証できません。立ち上げ前に対処する必要があります。

静的および動的マッピング

プラットフォームを移行する場合、URL が変更します。その結果、マーチャントは古い URL から新しい URL への 301 マッピングを作成して、古い URL に対するトラフィック (および検索エンジンのヒット) が新しいページを見つけられるようにする必要があります。

立ち上げ前に、「Business Manager Static and Dynamic Mapping (Business Manager の静的および動的マッピング)」モジュールで、これが設定されていることを確認します。本番への最終データおよびコードの導入では、これらの設定が取得されます。

サイト設定の検証

立ち上げ前に、次のことを確認します。

  • 必要な地域情報が追加されている。
  • 組織のデフォルト言語が適切に設定されている。
  • クライアントがギフト券機能を使用する場合、クライアント情報だけが存在する。メールアドレスを含む、B2C Commerce 情報が消えていることを確認します。
  • ストアフロントで使用する注文番号、請求書番号、配送番号、およびギフト券用に、サイト固有のシーケンス番号が設定されている。

まとめ

この単元では、マスターとストアフロントカタログの設定の重要性を学習しました。2 種類のユーザに対する、検索の絞り込みと並び替えルールの機能を学習しました。また、ストアフロントで表示される価格設定の確認方法と、ストアフロントの SEO URL 構成の検証方法を学習しました。

円滑に立ち上げるには確認すべきたくさんのことがあり、このモジュールでは多くの要件と設定を扱いました。すばらしい新バッジを獲得して、あなた自身も成功に向けて飛び出しましょう!