ギフト選びを容易にする

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • ギフトガイドを使用するときのヒントを 3 つ挙げる。
  • ナビゲーション内でギフトガイドをどのように紹介できるのかを説明する。
  • 3 種類のギフトガイドを挙げる。
  • ギフトビルダーとギフトファインダーの違いを説明する。
  • 商品セットでギフト選びをどのように容易にできるかを説明する。

はじめに

ギフトガイドとなるホリデー固有のカテゴリを作成することで、ギフト選びを容易にすることができます。必要な時期に表示され、時期が過ぎると表示されなくなります。

ギフトガイド

ギフトガイドは、従来の枠にとらわれずに創造力を発揮できる良い機会であり、ギフト選びを容易にする優れた方法です。次にいくつかのヒントを示します。

  • ホームページ: ホームページでギフトガイドを紹介し、ナビゲーション内に表示します。
  • ジャーニー全体: ショッパージャーニー全体を通してギフトガイドを促進し、検索結果なしページを含めます。
  • 工夫を凝らす: さまざまな種類のギフトガイドを使って工夫を凝らします。大いに楽しんでください。
  • メールの利用: メールキャンペーンや広告キャンペーンで紹介することも忘れないでください。
  • 変化をつける: シーズン中にギフトガイドを変更して、常に新鮮なメッセージを届けます。
  • 人気: 商品の順番を設定して、人気のあるギフトをリストの上位に表示します。
  • 再利用可能な URL: URL を毎年再利用します。

ナビゲーション内でのギフトの紹介

ギフトカテゴリの数の多さや少なさは重要ではありません。ナビゲーション内でギフトを紹介して、サイト訪問者の目に付くようにします。ナビゲーション内にコンテンツスロットがあると、さらに効果的です。そうすれば、魅力的な画像を含めて視覚に訴えることができます。また、このスロット内で商品やカテゴリを紹介することもできます。

ギフトガイドの種類

ギフトガイドはいくつでも作成できます。取り扱い商品に応じて、よく使用されるギフトガイドの種類は次のとおりです。

種別 説明
性別 性別ごとのギフトガイドは、非常に効果的であることが実証済みで、リテーラーによって一般的に使用されています。さまざまなクリエイティブを追加してメッセージを強化し、買い物客がさらにクリックスルーすることを促します。
テーマ別 ギフトガイドに人気のテーマを使用します。
  • 商品を色別にグループ化し、視覚的に惹きつけられるテーマを作成する。
  • 人気のある映画のテーマを使用する。
  • 靴下に入れる小さなプレゼントなど、一般的なホリデーのテーマを使用する。
ほしい物リストの使用 ギフトガイドとしてほしい物リストを使用することを検討します。流行しているのは、有名人御用達商品のほしい物リストです。
価格別 価格別のギフトガイドは、実用的であることがわかっています。一般的に買い物客はその日に購入するギフトの金額を決めてあるので、予算ガイドは便利な機能です。

スケートボード、帽子、靴、眼鏡、携帯電話、カメラを含む男性用ギフト。 携帯電話、腕時計、日記帳とペンを含む女性用ギフト。

メールキャンペーンでのギフトガイドの紹介

メールキャンペーンでギフトガイドを紹介し、ギフトガイドページへのトラフィックを増大させます。チャネル間でキャンペーンが一貫していることを確認し、買い物客がメールでクリックしたものと同じギフトガイドページに誘導します。

時間経過に合わせたギフトガイドの変更

時間と共にガイドを変更することを検討してください。買い物客に多様性を提供し、変化する在庫レベルに基づいて商品を再グループ化するチャンスになります。シーズン前半にある商品のセットを表示し、後半に別のセットを表示することができます。ショッピングを土壇場まで後回しにしていた人々のために、ホリデー直前のギフトカテゴリを表示することをお勧めします。

また、AI を使用して買い物客の購入行動や閲覧行動に合わせたギフトガイドを作成し、買い物客がまさに必要としていたものを見つけられるようにおすすめを提供することもできます。

ギフトビルダーとギフトファインダー

買い物客はギフトビルダーを使用して、カスタマイズしたスニーカーやキャンディーの詰め合わせなどの商品を作ることができます。ギフトファインダーでは、買い物客が一連のガイド付き質問に答えて商品セットを選別し、そのカタログの中から最適なギフトを絞り込めるようにします。

買い物客が検索をカスタマイズできるドロップダウンメニューを表示するギフトファインダーの画面。

いくつか例を見てみましょう。

説明
オフライン体験からオンライン体験へ 架空の XO’s Candy Company は、実店舗での体験をオンラインで体験できるようにしました。キャンディーカウンターの前に立っているのと同じように、箱のサイズを選び、その箱にあなた (または友人) の好きなキャンディーを入れて、オンラインでチョコレートの詰め合わせを作ることがきます。このようなギフトビルダーは、ホリデーシーズンをサポートするだけではなく、1 年を通してギフト贈答に使用できます。
ギフトビルダー: 商品デザイナ 架空の Jazzy-Jwelry ストアフロントでは、チェーンの金属、品質、サイズ、ペンダントの石と金属の種類を選択してペンダント付きのネックレスを作成できます。ほしい物リストに各アイテムを追加して印刷したものを店舗に持って行って購入するか、単純にオンラインで注文することができます。
ギフトファインダーの質問 ギフトファインダーは、従来のギフトガイド代わりに使用されます。架空の Clothes-Yes! ストアフロントでは、買い物客がギフトの受け取り主についての簡単な質問に答えると、相手にぴったりのギフトアイテムの選定リストを入手できます。この質問は、受け取り主のスタイルや色の好みと、買い物客の予算を重視しています。
ギフトファインダー/セレクタ 架空のアパレルリテーラーである Great-Cloth では、ギフトの贈答を容易にするために簡単な質問を使用しています。3 つのドロップダウンから選択したら、パーソナル化されたギフトの取り合わせが表示されます。ホリデーシーズン中には、この簡単な質問がホームページで目立つように紹介されます。どの (架空の) 買い物客からも評判は上々です。
スキル/経験レベルによるギフトファインダー もう 1 つの例は、受け取り主の特定のスポーツや活動のスキルレベルに基づいてギフトの取り合わせを作成することです。たとえば、トロフィーの受賞歴がある経験豊富なランナーは、長いウォーキングをする人とは取り合わせの内容が異なるでしょう。

商品セットの使用

ギフト選びを容易にするもう 1 つの方法は、買い物客が購入できる商品セットを作成することです。商品セットは、合わせて、または別々に注文できる商品のグループです。

たとえば、ホームグッズ会社は、ホリデー商品のセットを作成できます。そうすると、ホリデーディナーを輝かせるホリデー用の特別な陶磁器のセットを買い物客が購入しやすくなります。1 回のクリックで、ディナーの主催者を喜ばせることができます。

もう 1 つの例として、スポーツウェア会社は競技者の好みに基づいてセットを作成できます。この場合も、買い物客が好きなプロ選手と同じ用品をまとめて購入しやすくします。

セットの作成には時間がかかる可能性があります。可能な場合には、Einstein のセット Recommender である [Complete the Set (セットを完成)] を利用すると、自動的に項目が生成されて表示され、スタイル設定や整理をまとめて行うことができます。これによって、買い物客は新しいカテゴリを探索しやすくなり、AOV が最大 6% 上昇します。

AI を使用してセットを作成しない場合は、Einstein Commerce Insights を使用してどの商品が最も頻繁にまとめて購入されるかを知ることで、考えたこともない組み合わせを発見できることがあります。

次のステップ

この単元では、ギフトガイドのメリットとナビゲーション内でギフトガイドを紹介する方法について学習しました。アイデアを生み出すギフトビルダーとギフトファインダーの例を見ました。また、買い物客ができるだけ簡単にギフトを選べるように、商品セットを使用することも探求しました。

次は、モバイル支払方法について学習します。

リソース

Trailhead: Salesforce B2C Commerce (マーチャンダイザー向け)

Copyright Rights of ALBERT EINSTEIN are used with permission of The Hebrew University of Jerusalem. (ALBERT EINSTEIN の著作権は、ヘブライ大学の許可を受けた上で使用しています。)Represented exclusively by Greenlight. (Greenlight が排他的に代理人を務めています。)

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる