国際化のベストプラクティスの確認

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • 国際戦略の 3 つのアプローチについて説明する。
  • ローカライズ時に、各言語の実際的な知識を使用することの重要性を説明する。
  • ローカライズされていないテンプレートを使用する利点を説明する。
  • POD の地理的近接性の利点を 3 つ挙げる。

Localization (ローカライズ)

Salesforce B2C Commerce は長年の間に、多言語とマルチ通貨を使用する多国籍サイトも構築してきました。50 か国で 2,000 種以上の Web サイトを手がけてきたことから、国際化が得意分野であることに間違いありません。強力な国際戦略を計画して実践できるようにするためのベストプラクティスには、どのようなものがあるのでしょうか?

この適切な出発点は、アプローチを選ぶことです。サイトを 1 つにするか、グループサイトを設定するか、国別のサイトを作成するかを検討します。

他にも次の点を検討します。

  • 言語とテキストの翻訳方法
  • SEO
  • 設定や開発のベストプラクティス
  • APAC 地域
  • 導入戦略と人員へのその影響

膨大です! 考慮すべきことはたくさんあります。では、戦略から見ていきましょう。

国際化戦略

計画の段階で、いくつかのアプローチのそれぞれの利点と欠点を検討して、最適な戦略を見極める必要があります。

  • 1 つのサイト: 対象とするすべての国に対応する固有のストアフロントを 1 つ構築します。
  • グループサイト: 共通の通貨、法的要件、言語などに基づいて数か国をグループ化します。対象とするすべての国に対応する固有のストアフロントを数種類構築します。
  • 各国に 1 つのサイト: 対象とする国ごとにサイトを構築します。

1 つのサイト、グループサイト、各国に 1 つのサイト

ベストプラクティスとなるアプローチがどれかは、マーチャントの状況や制約によって異なります。下表を参考にその影響を判断します。


オプション 1: 1 つの国際サイト オプション 2: グループサイト オプション 3: 各国に 1 つのサイト
サイトの数 1 国の数 (通貨別) 国の数
カタログの数 2 通貨グループの数 + 1 国の数 + 1
価格表の数 通貨ごとに 1 つ 通貨または地域情報ごとに 1 つ 通貨または地域情報ごとに 1 つ
Business Manager の複雑性
カスタマイズのしやすさ

体験のローカライズに合わせてカスタマイズ

サイトごとにカスタマイズ

組織の複雑性

1 つのチームがサイト内ですべての国を管理できる

サイト (国) ごとに 1 つのチーム

ナビゲーション 1 つのナビゲーション サイトのグループごとに独自のナビゲーション サイトごとに独自のナビゲーション
商品購入の可否
  • 在庫リストあたり最大 3000
  • すべての国ですべての商品を購入可能
各サイトの在庫リストあたり最大 3000
  • 各サイトの在庫リストあたり最大 3000
  • サイトごとに商品を割り当てまたは割り当て解除
  • ローカライズされていない属性 (商品のグラフィックなど) が国ごとに異なる可能性がある
検索の調整
  • ローカライズ可能
  • 総計値がサイト別に集計されるため、国別の詳細は示されない
  • ローカライズ可能
  • 総計値がサイト別に集計されるため、国別の詳細は示されない
  • ローカライズ可能
  • 分析がサイト別に集計される
マーチャンダイジング
  • 地域情報に基づいて動的な顧客グループを作成可能
  • 地域情報または IP アドレスに基づいてすべてのキャンペーン要素をローカライズ可能
  • 各グループの地域情報に基づいて動的な顧客グループを作成
  • 各グループの地域情報 (または IP アドレス) に基づいてキャンペーン要素をローカライズ
  • サイトごとに独自に実施
  • プロモーションを複数の国で実行する場合は、コピー (インポート/エクスポート) する必要がある
コンテンツ 1 つのコンテンツライブラリ サイト (またはグループ) ごとに 1 つのコンテンツライブラリ 各サイトにローカルライブラリを設定するか、全サイトで共有ライブラリを使用。
A/B テスト
  • すべての国をテスト可能
  • 顧客グループの条件を使用して、1 つの国または複数の国に絞り込むことが可能
グループ別 A/B テストはサイト固有。1 つのテストを複数のサイトで実行する方法がない。

人材についても検討する必要があります。選択した戦略による組織への影響はありますか? 特定の人員やスキルを増やす必要がありますか? 目標は現実的ですか?

言語/ローカライズ

各人のアイデンティティは、言語が大きな部分を占めます。オンラインショッピングは、会話のごとく気楽に行えるようにする必要があります。文言を翻訳するだけでは十分ではありません。ローカライズを計画するときは、プロセスで各言語の実際的な知識を使用し、きちんとローカライズされた Web サイトで買い物客が体験を得られるようにする必要があります。一般的な表現、適切な言葉、正しい字句を使用することは SEO 対策です。

SEO

SEO と言えば、国際化で検討すべき事項がいくつかあります。

  • ドメインの種別を慎重に選択します。SEO で国際サイトが国固有の検索エンジンに認識され表示されるためには、起動時にジオターゲティングの特定の手順を行う必要があります。
  • 最上位ドメイン (TLD) に .co ドメインを使用する国では、.com サイトを使用することを検討します。ベストプラクティスは、ローカルの TLD を維持したまま、主としてビジネスに使用するサブドメインにリダイレクトすることです。たとえば、www.brand.dehttp://de.brand.com にリダイレクトし、そこから操作します。
  • パッケージや印刷物などブランド化されたマテリアルについては、すべて統一された brand.com を使用します。1 つの .com ドメインを使用すると、すべてのコンテンツが加重されて合算されるため、SEO スコアが高くなります。

設定と開発

Business Manager でどのようにデータを設定してテンプレートを作成するかが、国際プロジェクトの成功に影響を及ぼすことがあります。

Business Manager の設定

Business Manager では、次の設定を実行できます。

  • サイトと組織の地域情報
  • 組織のデフォルト言語
  • 各インデックスの言語ステマー (検索やナビゲーションのパフォーマンスを最適にするため)
  • 属性と設定パラメーター

ベストプラクティスは、ストアフロントデータをサイト、可能であれば組織のデフォルト地域情報に取り込むことです。B2C Commerce では、組み込みのフォールバックロジックを使用して、ストアフロントに表示するコンテンツを判断するためです。

処理順序は次のとおりです。

  1. ローカライズされたファイルを使用可能な場合は、そのファイルを表示します。
  2. ローカライズされたファイルが存在しない場合は、サイトのデフォルト地域情報を表示します。
  3. サイトにデフォルトのファイルが存在しない場合は、組織のデフォルト地域情報を表示します。

地域情報のフォールバックロジックの図

たとえば、会社の所在地がカナダのトロントの場合、そのサイトのデフォルト地域情報は default に設定され、そのサイトの地域情報が en_CAfr_CAdefault であるとします。この組織のデフォルト地域情報は en_CA に設定されています。買い物客がローカライズされた fr_CA のコンテンツを見たいと思っていましたが、何らかの理由でアップロードされませんでした。

このフォールバックプロセスは以下のとおりです。

  1. fr_CA ファイルがない場合は、B2C Commerce が default ファイルを表示します。
  2. default ファイルがない場合は、B2C Commerce が en_CA ファイルを表示します。

テンプレートのローカライズ

テンプレートには、エラーメッセージ、ボタン名のような要素のテキストなど、ストアフロントの表示ロジックが含まれます。地域情報ごとに一連のテンプレートを作成すると、変更のたびにそれぞれ地域情報固有のバージョンを編集しなければならなくなります。これでは問題の解決法にはなりません。

最適なアプローチは、ローカライズしないテンプレートセットを 1 つ作成し、これが外部のローカライズ可能な文字列を参照するようにすることです。この文字列を別のリソースファイルに保存し、翻訳者にこのファイルを送信してローカライズを依頼します。このアプローチでは、ストアフロントの表示ロジックがどの言語にも非特異のまま、言語固有のリソースファイルを参照します。

アジア/太平洋

Salesforce ではマーチャントのために、China Site Acceleration Service (CSAS) と香港でホストされる専用 POD を使用して、サイトを運営する直接参入手段を用意しています。

CSAS では ICP BeiAn (登録) と中国の CDN を提供します。中国でオンラインサイトを運営するためには、有効な ICP BeiAn (登録) というライセンスの取得が義務付けられています。マーチャントは、Akamai など現地のパートナーの協力を得て、この登録にサインアップする必要があります。Akamai が静的コンテンツをローカルでキャッシュするというやり方で中国のサイトを加速する一方で、香港の POD 経由のローカルホスティングによって応答時間が最短になり、ページの読み込みが迅速化します。

ファンクショナルアーキテクトであるあなたも、APAC の特定の機能要件を認識しておく必要があります。


中国 日本
ストアフロント言語 簡体字中国語 日本語
ストアフロント通貨 RMB JPY (1,000 円または ¥1,000 と表示)
エンコード
フロントオフィスの表示とデータベースの両方に UTF-8 を使用
商品の価格設定
システム管理者が税抜きで入力。商品を表示するときに税金 (5%) を追記する必要がある。
支払方法
  • Alipay (Alipay 標準口座、ダイレクト銀行口座、クイックペイ)、Tenpay、UnionPay
  • COD (代金引換払い)。発送状況の確認には Kuaidi100 とのインテグレーションが必要。
COD (代金引換払い)
配送時間
顧客が配送時間の選択を希望する。
ソーシャルネットワーク
  • Sina Weibo、Kaixin、QQ Zone、Douban
  • Sina Weibo へのシングルサインオンが可能。
多種多様
請求先住所 0
対応付け Baidu の地図を使用

導入戦略

導入戦略の出発点は次の 2 つです。

  • ポイントオブデリバリ (POD): マルチテナント SaaS アプリケーションをホストするために結集されたコンピューティング、ネットワーキング、ストレージサービスの集合体。
  • ストアフロント用に B2C Commerce が提供するレルムのハードウェアとソフトウェア。

国際的な実装でも、この 2 点は同じですが、買い物客と POD と共有リソースの地理的近接性に対処する特別な検討事項がいくつかあります。

地理的近接性

買い物客と POD の地理的近接性がストアフロントのパフォーマンス (応答時間) に影響することがあります。たとえば、APAC 市場に参入するために、B2C Commerce はアジアに POD を設けています。

ローカルホスティングを使用することで、注文手続きプロセスでのサイトパフォーマンスが加速します。また、定期メンテナンスがショッピングのピーク時間と重なって処理が中断されるようなことがないため、メンテナンスが迅速に行われます。商品の輸入に関するジョブスケジュールのほか、価格や在庫の更新も、現地の夜間に行われるため迅速化します。

オブジェクトとリソースの共有

1 つのレルム内のすべてのサイトでオブジェクトを共有できるため、マーチャントが、全サイトのマーチャンダイジング、開発、QA、サポート、メンテナンスを合理化できます。スケジュール、プロセス、優先順位付けでマーチャンダイジングチームが協力することも考えられます。

システム管理者、開発、業務チームなども協力できるでしょう。

  • コード、ジョブ、プロセス、機能は、全サイトのニーズに対応するようにスケジュール、優先順位付け、設定する必要があります。
  • 1 つのレルムのサイト内で設計された共有が継承されるため、レルム内でこれらの分野のコントロールをサイトレベルで個々に作成することはほぼ不可能です。

1 つのレルムを選ぶか複数のレルムを選ぶかは、効率性とコントロールのどちらを取るかを意味します。

役割 1 つ (効率性) 複数 (コントロール)
パートナーまたは開発チーム 1 つ 複数
コード、リリーススケジュール 共通 別々
マーチャンダイジング 全サイトで共有 (共通ビュー) サイト別
サポートとメンテナンス 共有 別々
プロジェクトの優先順位付けとリソースの確保 共通 別々
ユーザログイン情報の管理 共有 別々

まとめ

ビジネス機能をコードと切り離すことや、iFrame を使用しないことなど、一般的なアーキテクチャのベストプラクティスについていろいろ学習しました。ストアフロントデザインのベストプラクティスや、モバイルのベストプラクティス、そして国際化についても学びました。今この時点でのベストプラクティスは、光り輝く新しいバッジを獲得することです!