B2B Marketing Analytics の使用開始 (Lightning アプリケーション)

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • Lightning アプリケーション向け B2B Marketing Analytics を定義する。
  • Lightning アプリケーション向け B2B Marketing Analytics の各コンポーネントを識別する。
  • B2B Marketing Analytics の一般的な用語を定義する。

概要: Pardot における Analytics の位置付け

Lightning アプリケーション向け B2B Marketing Analytics は、B2B マーケティング担当者向けに構築された Einstein Analytics アプリケーションで、既存の Salesforce コネクタを使用して入力された Salesforce データと Pardot データの分析を行います。マーケティングデータとセールスデータが 1 か所に集約されており、カスタマイズ可能なダッシュボードで総計値を参照してレポートを作成し、チームとインサイトを共有し、データに基づくアクションを実行して、マーケティング活動や営業活動の成果を最大限に高めることができます。 

Multi-Touch Attribution ダッシュボード

Get Cloudy Consulting のマーケティングマネージャである Leung Chen (「Pardot の基本 (Lightning アプリケーション)」モジュールに登場) が、B2B Marketing Analytics アプリケーションの設定を担当しています。Get Cloudy では、まったく新しい方法でデータを探索し、コンバージョンを促進して最終的に商談の迅速な成立につながるように、パフォーマンスの高いキャンペーンを見極めたいと考えています。 

Analytics のツール

B2B Marketing Analytics には、データ分析とレポート作成操作を簡便にする次の 3 つのコンポーネントが搭載されています。

  • データセット
  • レンズ
  • ダッシュボード

これらのコンポーネントはそれぞれ、他のコンポーネント上に構築されています。データセットは、対話型の探索ができるように最適化された、特殊な形式のソースデータのセットです。Leung は Get Cloudy のデータセットのデータを使用してレンズを作成することができます。レンズは、データセットのデータの特定ビューです。そして、レンズからダッシュボードを作成できます。ダッシュボードは、1 つ以上のレンズのデータを基に選定されたグラフ、総計値、テーブルで構成されます。これらの各コンポーネントは標準装備されていますが、Get Cloudy のニーズに合わせてカスタマイズできます。

B2B Marketing Analytics の一般的な用語

B2B Marketing Analytics を使用しているときに目にする一般的な用語を一部紹介します。 

集計: グルーピングに基づくデータの集計です。

アプリケーション: フォルダのようなもので、ユーザが共有を制御したり、各自のデータプロジェクトを整理したりすることができます。Analytics では、データ分析を同僚と共有しやすくするために組み合わされたダッシュボードやレンズ、データセットがアプリケーションに含まれます。 

ディメンション: 地域や商品名など、定性的な値です。 

検索条件: データに検索条件を適用して結果を絞り込むことができます。B2B Marketing Analytics には次の検索条件が付属します。

  • 日付範囲
  • フェーズ (商談フェーズ)
  • タグ (Pardot タグ)

グループ: 商品名や取引先などの特定のディメンションでデータをグループ化できます。

基準: 収益や換算レートなど、定量的な値です。総収益や最小換算レートの計算など、基準に算術処理を実行できます。

視覚化: チャートやグラフなど、データを視覚的に表現したものです。 

データのカスタマイズにすばやく取り掛かれるように、今のうちに Analytics の一般的な用語を理解しておくことをお勧めします。ここに記載したのは最も一般的な用語なので、アプリケーションを開いたら容易に操作することができるでしょう。Analytics の一般的な用語の詳しいリストについては、こちらを参照してください。 

Pardot と Analytics を連携させれば、1 か所でマーケティングデータとセールスデータにアクセスできることがわかりました。これで Get Cloudy が十分な情報に基づいてデータ主導の判断を下せるようになります。次の単元では、Leung が新しいアプリケーションを設定する前の考慮事項を確認します。 

リソース