設定前の考慮事項

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • 会社で B2B Marketing Analytics の設定を行う前の考慮事項を挙げる。
  • ソフトウェアのバージョンとアプリケーションテンプレートを更新するステップを判断する。
  • Analytics アプリケーションを有効にする。
  • データと接続を同期する。

バージョンの違い

B2B Marketing Analytics アプリケーションの設定を開始する前に、Leung は使用しているアプリケーションのバージョンを考慮する必要があります。B2B Marketing Analytics の設定プロセスは、機能の購入日または初期設定によって異なります。 

2019 年 2 月 11 日以降に Pardot Plus または Pardot Advanced を購入している場合は、すでに B2B Marketing Analytics 権限セットライセンスがあるため、何もする必要はありません。

2019 年 2 月 11 日以前に B2B Marketing Analytics を購入した場合は、Analytics Embedded App 権限セットライセンスがあります。最新のインサイトを得るには、B2B Marketing Analytics の最新バージョンをインストールし、その日付以前に作成されたカスタマイズを移行してください。

メモ

メモ

このモジュールは、2019 年 2 月 11 日より後に購入した B2B Marketing Analytics のバージョンのみについて述べています。

設定

B2B Marketing Analytics ホームダッシュボード。

B2B Marketing Analytics を設定するときに Sandbox 組織は使用しないでください。ダッシュボードをテストする必要がある場合、Leung はそれらのダッシュボードをテスト、作成、共有するための非公開アプリケーションを作成する必要があります。 

Multi-Touch Attribution ダッシュボードと Account-Based ダッシュボードは任意ですが、Leung はそれらを使用して、認知を促進するチャネルのインサイトを得て、すべての購買フェーズのパフォーマンスに関する情報を提供し、商談の成立に役立てることを検討しています。すべてのインフルエンスモデルは、総合的な複数接触属性分析のために B2B Marketing Analytics に取り込まれます。Leung は、Account-Based Marketing ダッシュボードを使用して、取引先の商談と取引先責任者がマーケティングアセットとセールスアセットにどのようにエンゲージしているかを理解することができます。

その他の考慮事項

B2B Marketing Analytics は Salesforce の分析アプリケーションテンプレートに基づいて構築されており、1 年に数回更新されます。Leung はシステム管理者としてこの機能を有効にしますが、ユーザは必要に応じてアプリケーションをインストールおよびアップグレードする必要があります。Pardot ビジネスユニットで B2B Marketing Analytics を使用するには、Einstein Analytics Growth または Einstein Analytics Plus プラットフォームライセンスが必要です。この詳細とその他の考慮事項については、下の「リソース」セクションを参照してください。

Marketing Manager ダッシュボード

B2B Marketing Analytics の前提条件

B2B Marketing Analytics をインストールするために、Leung は組織で Analytics を有効にする必要があります。早速やってみましょう。

メモ

メモ

アカウントで Analytics がすでに有効になっている場合は、このステップをスキップします。

  1. ギアアイコン をクリックします。
  2. [クイック検索] ボックスに「Analytics」と入力します。
  3. [始めましょう] を選択します。
  4. [Analytics の有効化] をクリックします。

次に、Leung はデータフローを最適化し、外部データに接続して同期するために、データ同期と接続を有効にする必要があります。その前に、こちらの記事を参照し、その他に実行する必要があるアクションがないかどうかを確認してください。準備は良いですか?  

では、Get Cloudy のデータフローを最適化しましょう。

  1. [設定] から、[クイック検索] ボックスに「Analytics」と入力します。
  2. [設定] を選択します。
  3. [データ同期接続を有効化] と [Analytics テンプレートを有効化] を選択します。
  4. 変更内容を保存します。
  5. データ同期と接続を有効にしたら、データフローの次回の実行までにデータ同期を必ず実行してください。sfdcDigest ノードを含むデータフローは、データ同期が最初に実行されて完了するまでは失敗します。

B2B Marketing Analytics の事前作業が完了したので、アプリケーションをインストールしてすべての新しいデータを使用する準備が整いました。次の単元では、Leung が新しいアプリケーションをインストールして、B2B Marketing Analytics を使用するユーザを選択します。

リソース