Lightning Experience の B2B Commerce の探索

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • Lightning Experience とは何かを説明する。
  • Lightning Experience の B2B Commerce の機能を 3 つ挙げる。
  • 主要な Lightning Experience 機能を使用する利点を 2 つ挙げる。

Lightning Experience とは?

Salesforce Lightning Experience は、最新の高速でインテリジェントなユーザエクスペリエンスです。Lightning Experience では、ワークフローと生産性の向上を実現するユーザエクスペリエンスを構築し、より簡単かつ直感的に作業を進めることを可能にして、ビジネスの変革すら実現できます。 

Lightning Experience には次のものが含まれます。 

  • セールスやサービス向けに最適化されている Salesforce のページ。
  • 営業やセールスチームのユーザがいつログインしても適切な案件、適切なお客様、そして適切な活動に集中できる新機能。
  • 誰もがデータの視覚化や業務の遂行に使用できる柔軟なインタラクティブツール。

B2B Commerce のお客様は、すでに Sales Cloud、Experience Cloud、Service Cloud などの Salesforce アプリケーションを使用しています。これらのアプリケーションの多くで Lightning Experience が使用されています。

B2B Commerce もその 1 つになりました。

利点

Lightning Experience の B2B Commerce によって利点を得られるのは誰でしょうか?

一言でいえば、すべての人です。つまり、B2B Commerce を最もよく使用するストアフロントマネージャや企業購入者などです。B2B Commerce は、カスタマーリレーション管理 (CRM) に接続され、その上に構築されているため、Salesforce のお客様にとって最適なソリューションです。

Lightning Experience によって B2B Commerce の機能がさらに向上しました。 

ストアフロントマネージャ

ストアフロントマネージャにとっての利点は何でしょうか?

B2B Commerce がさらに使いやすくなりました。商品、カテゴリ、価格設定、プロモーション、検索を管理する重要なユーザであるストアフロントマネージャは、より迅速に作業を行い、ストアフロントをより簡単に設定して管理し、Salesforce のデータやプロセスにシームレスに接続できるようになりました。

ストアフロントマネージャにとって Lightning の B2B Commerce には次のような利点があります。

  • 商品をいち早く市場に投入できる。
  • 使いやすい。
  • Salesforce のデータやプロセスとの接続性がより高い。

企業購入者

オンラインストアフロントで購入を行う企業購入者にとっての利点は何でしょうか?

企業購入者はシームレスなセルフサービスエクスペリエンスを得られます。再注文や注文状況の追跡を簡単に行うことができ、ケース管理で問題が発生した場合にも簡単に解決できます。

次の利点があります。

  • Einstein によるスマートなオートコンプリート機能を備えた高速検索
  • 美しく使いやすいストアフロント
  • 高速なページの読み込み
  • より良いカスタマーエクスペリエンス。ベンダーが顧客の以前の購入、過去のサービスケース、質問などによって顧客の全体像を把握できることによって実現されます。

機能

Lightning Experience の B2B Commerce には次の機能があります。

機能
説明
Lightning コマーステンプレート
コマースストアフロントを簡単に設定してリリースできます。
Lightning 内部ストアフロント管理者 UI コマースストアフロントを管理、サポートします。
デジタルエクスペリエンスプラットフォーム パーソナライズされたショッピングエクスペリエンスを作成します。
  • 利用者ターゲティング
  • パーソナライズ
  • テーマおよびブランド設定
  • Lightning コンポーネントと最新の開発フレームワーク
消費者と同じような検索 B2B Commerce では、B2C Commerce のクラス最高のテクノロジが使用されています。
  • 大規模で高速な検索。
  • 組み込みの機能強化。
  • Einstein によるオートコンプリート。
B2B Commerce 向けエクスペリエンスビルダー ドラッグアンドドロップコンポーネントを使用して、すばやく簡単にストアフロントを作成できます。ストアフロントマネージャは、エクスペリエンスビルダーによってコードではなくクリックを使用して、E コマースサイト全体を作成できます。エクスペリエンスビルダーでは、いくつかの B2B Commerce Lightning コンポーネントや Salesforce CMS からのその他の多くのコンポーネントを使用して、CRM データの表示などを行うことができます。
B2B Commerce の標準オブジェクト
カート、商品、カテゴリオブジェクトなどの B2B Commerce オブジェクトは、Salesforce 全体で統一されているため、ストアフロントマネージャやシステム管理者はそれらを 1 回作成するだけで済みます。B2B Commerce はその他の Salesforce データやプロセスと緊密に接続されているため、ストアフロントマネージャは簡単に E コマースサイトを開設し、すばやく最適化することができます。

現在 Classic (Visualforce) の B2B Commerce を使用している場合

2015 年に Lightning Experience の稼働が開始されて以降、多くの新しいお客様は初めから Lightning Experience を使用し、多くの既存のお客様も Classic (または Visualforce) から移行しました。

ただし、B2B の一部の現在のお客様は、Visualforce から Lightning Experience に移行しなければならないのだろうかと迷っています。

簡単に言うと、答えはノーです。Salesforce は Visualforce リリースオプションを引き続きサポートします。お客様は移行する必要はなく、Salesforce は Visualforce のサポートと革新を継続します。

ただし、Lightning Experience の選択肢を理解できれば、十分な考慮の上で既存のユーザインターフェースからの移行を計画し、既存のカスタマイズを再評価して古い問題を排除することができます。そして、この移行の実装について上層部や他の意思決定責任者を納得させるのに十分なデータも入手できます。

まとめ

この単元では、Lightning Experience で B2B Commerce を使用することの意味について学習しました。機能と利点を確認し、B2B Commerce で Lightning Experience に移行する方法についても学習しました。

では、この最後のテストを受けて、バッジを獲得してください!

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる