AWS 管理インターフェースを使用する

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • AWS リソースのアクセスと操作のオプションについて説明する。

この単元では、AWS リソースのアクセスと使用に関する便利なオプションを紹介します。

AWS 管理ツール

AWS リソースの作成と管理には 3 つのツールを使用できます。

  • AWS マネジメントコンソール。
  • AWS コマンドラインインターフェース (AWS CLI)。
  • AWS ソフトウェア開発キット (SDK)。

各オプションは、AWS の基盤として機能する共通のインターフェースである API に基づいて構築されています。そのため、これらのツールは置き換えても同じように使用できます。

AWS マネジメントコンソール

AWS マネジメントコンソールは、AWS サービスおよび機能の操作に使用するグラフィカルインターフェースです。AWS サービスのあらゆる側面と AWS アカウントを管理できます。月間利用量の監視、セキュリティ認証情報の管理、新規ユーザの設定などが含まれます。

AWS マネジメントコンソールホームページには、以降で説明する主要なコンポーネントを示すコールアウトアイコンが表示されます。 コンソールでサービスを見つける

必要なサービスを見つけて開くには複数の方法があります。ホームページで、(A) 必要なサービスを検索する、(B) 最近アクセスしたサービスを選択する、または、(C) [すべてのサービス] セクションを展開してすべての AWS サービスを参照することができます。[サービス] オプション (D) は上部ナビゲーションバーに常時表示されているため、いつでも必要なサービスを検索したり、サービスをグループ別またはアルファベット順に表示したりできます。 

AWS エクスペリエンスをパーソナライズする

最も頻繁にアクセスするサービスへのショートカットを作成して、コンソールのエクスペリエンスをパーソナライズできます。固定アイコン (E) を使用すると、サービスリンクをツールバーに直接ドラッグアンドドロップできます。リソースグループ (F) を使用してコンソールの使用を合理化できます。

頻繁に使用するアプリケーション、サービス、関連リソースのコレクションごとにリソースグループを作成できます。これにより、画面左上にある AWS メニューを使用して、保存された各リソースグループにすばやく移動できます。リソースグループは ID に固有であるため、アカウントの各ユーザがそれぞれ頻繁にアクセスするリソースとよく使用するタスクについて独自のリソースグループを作成できます。URL を使用してリソースグループの定義を同じアカウントの他のユーザと共有することもできます。

リソースグループを使用すると、共通のタグを共有するリソースのコレクションを表示できます。タグエディタを使用すると、タグをサポートするリソース種別のタグを簡単に管理でき、タグのキーと値を一度で複数のリソースに適用できます。タグディタはグローバルタグ検索と一括編集をサポートしているため、わずか数回のクリック操作で特定のタグを含むすべてのリソースを検索したり、複数のリソースでタグを変更したりできます。

AWS について詳しく学ぶ

コンソールホームページには、AWS が提供するサービスと機能について学習し、ソリューションの構築をよりすばやく開始するのに役立つリソースも用意されています。

  • [Build a solution (ソリューションの構築)] セクションには、自動ウィザードとワークフローが含まれており、ソリューションに必要なリソースを作成できます。
  • [Learn to build (構築方法の学習)] セクションには、学習リソースがソリューション種別と使用事例別に整理されて表示されます。リソースとして、チュートリアル、動画、自分のペースで進められるラボ、プロジェクトガイド、コースドキュメントなどがあります。

AWS コンソールページの [Build a solution (ソリューションの構築)] セクションと [Learn to build (構築方法の学習)] セクション。

モバイルデバイスから AWS リソースを管理する

iOS または Android プラットフォームで使用できるアプリケーションもあるため、都合に合わせて既存のリソースやアラームを表示したり、タスクを実行したりできます。

AWS CLI

AWS CLI コマンドが表示されたラップトップ。

AWS コマンドラインインターフェース (AWS CLI) は、多くの設定をしなくても AWS サービスを操作できるオープンソースツールです。AWS CLI では、Linux シェル、Windows コマンドライン、リモートターミナル (PuTTY、SSH など) のようなターミナルプログラムでコマンドを使用します。

AWS CLI は AWS サービスの公開 API に直接アクセスできます。AWS CLI を使用してサービスの機能を探索し、シェルスクリプトを開発してリソースを管理できます。または、知識を活かし、AWS SDK を使用して他の言語でプログラムを開発できます。

AWS SDK

AWS SDK とサポートされるインターフェースを使用すると、普及しているさまざまなプログラミング言語を使用して AWS にアクセスできます。これにより、既存のアプリケーションで簡単に AWS を使用できます。また、複雑なシステムをデプロイして監視するアプリケーションをコードだけで作成することができます。こうした言語固有の SDK に含まれる API を使用すると、より幅広い AWS クラウドサービスの接続性と機能を簡単にコードに取り込むことができます。機能自体をコーディングするという難しい作業は不要です。

AWS SDK でサポートされるプログラミング言語は、JavaScript、Python (boto)、PHP、.NET、Ruby、Go、Node.js、C++、Java です。

AWS はこうした SDK 用に、使用開始ガイド、開発者ガイド、API リファレンスに加え、コミュニティフォーラムやブログなど、豊富なリソースを提供しています。 

まとめ

このモジュールは、AWS クラウドの基礎知識修得における第一歩です。基本を理解できたので、学習を続けて AWS クラウドとサービスに関する知識を広げることをお勧めします。

リソース