さまざまなクラウドコンピューティングデプロイメントモデルを理解する

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • 3 つのクラウドコンピューティングデプロイメントモデルを定義する。
  • 各モデルの違いを説明する。

クラウドコンピューティングが普及するにつれて、いくつかの異なるクラウドコンピューティングデプロイメントモデルが登場しました。この単元では、企業がクラウドへのジャーニーを開始するために使用する 3 つのクラウドコンピューティングデプロイメントモデルについて学習します。

最適なクラウドコンピューティングモデルは?

クラウドへの移行を決定したら、プロジェクトに最適なクラウドコンピューティングデプロイメントモデルを判断する必要があります。すべてのデプロイメントは、予算と会社のポリシーに基づいて、一連のあらかじめ決定されたガイドラインに従う必要があります。これには、機密データを社内に保存することを義務付ける内部または外部のガバナンスや、完全にデプロイされたクラウドソリューションが許容されない技術的な課題などが含まれることがあります。

次のクラウドコンピューティングデプロイメントモデルがあります。

  • クラウド
  • ハイブリッド
  • オンプレミスまたはプライベートクラウド

クラウドコンピューティングデプロイメントモデルごとに、ソリューションで提供できる制御、柔軟性、管理のレベルが異なります。

クラウド

クラウドベースのアプリケーションは、クラウドに完全にデプロイされます。クラウドのアプリケーションは、クラウドで作成されたものか、クラウドコンピューティングのメリットを得るために既存のオンプレミスインフラストラクチャから移行されたものです。クラウドベースのアプリケーションは、ファイル共有やストレージのような低レベルのインフラストラクチャ上に作成されることも、インフラストラクチャ管理、アーキテクチャ、スケーリングの要件を心配しないですむ、高レベルのサービスを使用することもできます。 

アプリケーション、企業ポータル、ファイル共有、ストレージで構成される AWS クラウドと、AWS クラウドとユーザをつなぐインターネットを表す双方向矢印の図

ハイブリッド

ハイブリッドデプロイメントは、クラウドベースのリソースとオンプレミスシステムの間でインフラストラクチャとアプリケーションを接続します。ハイブリッドモデルでは、セキュアなネットワーク接続を介して社内システムに接続し、インフラストラクチャをクラウドに拡張して大きくすることができます。 

最も基本的なレベルでは、オンプレミスとクラウドの両方にデータを置くことをハイブリッドとみなすこともあります。これがよく行われるのは、大量のデータを経済的に保存する場合、新しいクラウドネイティブなデータベースを使用する場合、データを顧客のより近くに移動する場合、バックアップを作成してコスト効率のよい高可用性を備えたソリューションをアーカイブする場合です。アプリケーションとファイル共有がオンプレミスに、企業ポータルとストレージが AWS クラウドに、仮想プライベートネットワークが 2 つの環境間にあり、ユーザは会社のネットワークとインターネットの両方を通じてアクセスできるハイブリッドアーキテクチャの図

オンプレミス

仮想化ソフトウェアやリソース管理ツールを使用してオンプレミスにリソースをデプロイすることはプライベートクラウドとも呼ばれます。オンプレミスデプロイメントでは、クラウドコンピューティングのメリットをあまり得ることができません (このモジュールで後ほど説明します)。一方で、自社の物理的な場所で専用リソースを提供できるために選ばれることもあります。

このモデルでは、デプロイメントのすべての運用費用を負担することになります。こうした費用として、IT インフラストラクチャの維持費、ソフトウェアライセンス使用料、物理インフラストラクチャの管理に必要な人件費などがあります。

ほとんどの場合、オンプレミスデプロイメントモデルは、従来の IT インフラストラクチャと同じです。ただし、アプリケーション管理や仮想化テクノロジを使用して投資収益を増やそうといているため、複雑さが増しています。

アプリケーション、企業ポータル、ファイル共有、ストレージがプライベートクラウドにあり、ユーザは会社のネットワークを使用してアクセスする、オンプレミスビジネスシステムアーキテクチャの図

クラウド、ハイブリッド、およびオンプレミスデプロイメントはすべてクラウドコンピューティングデプロイメントモデルであり、モデルを選択してユーザにリソースを提供できます。

次の単元では、AWS クラウドのメリットを探ります。

リソース