B2C Commerce サイトの設定開始

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • インスタンスタイプを挙げる。
  • インスタンスタイプの用途を説明する。
  • サイトが組織にどのように関連しているのか説明する。
  • マルチサイトのレルムを管理する方法を説明する。

はじめに

Salesforce B2C Commerce には、e コマースのストアフロントを実行するために必要なリソースとプロセスが用意されています。デベロッパーが直接クラウドとやりとりすることはありません。クラウドはサイトを支える基盤です。この単元では、レルム、PIG、SIG や、これらで実行される各種のインスタンスがすべてどのように機能するかを説明します。

サイトが作成、あるいはプロビジョニングされると、「レルム」に構造化されます。レルムにはプライマリインスタンスグループ (PIG) とセカンダリインスタンスグループ (SIG) の 2 つのグループがあります。レルムはマーチャントごとに異なります。どちらのグループにも、e コマースのサイトの設定に使用できるツールがあります。

レルムには、プライマリインスタンスグループ (PIG) とセカンダリインスタンスグループ (SIG) があります。

レルム

マーチャントには通常、自社専用のレルムが 1 つあります。レルムには、ストアフロントアプリケーションを開発、テスト、リリースするインスタンスが含まれます。B2C Commerce のインスタンスは、次のコンポーネントで構成されるアプリケーションインフラストラクチャです。

  • Web サーバー
  • アプリケーションサーバー
  • データベースサーバー

通常マーチャントは、1 つのレルムにつき 9 つのインスタンスを受け取ります。具体的には、PIG のステージング、テスト、導入用の 3 つのインスタンスと、SIG のコード開発用の 5 つの Sandbox インスタンスと、1 つのデモ用インスタンスです。拡張が必要な場合は、1 つのレルムあたり最大 47 の Sandbox を設定できます。

メモ

メモ

レルムには PIG と SIG がそれぞれ 1 つのみ存在します。

1 つのレルムと複数のレルムの設定

一般に、マーチャントは 1 つのレルムを所有し、そこでブランディングや地域情報の異なる複数のサイトを開発してステージングしてからリリースします。ストアフロントサイトを管理する人々が、同じ場所にいる必要はありません。複数のサイトで、商品カタログを共有することも、異なるカタログを設定することもできます。場合によっては、サイト間で一定の管理設定を共有することもあります。

複数の事業部門やグローバルチームがあり、それぞれプロセスやビジネスポリシーが異なるマーチャントの多くは、複数のレルムを使用しています。マーチャントに個々の組織があり、バックエンド統合、スケジュール、その他の懸念事項がそれぞれ異なり、独自に管理したほうがよい場合も、個別のレルムが役立ちます。

1 つの設定でも複数の設定でも、レルムごとにプライマリとセカンダリのインスタンスグループが 1 つずつあります。

同じレルム内のサイトは、商品データに同じマスターカタログを共有できますが、異なるレルムのサイトがカタログ構造の枠を超えてデータを共有することはできません。ただし、データを異なるレルムにインポートして共有することは可能です。

たとえば、ヨーロッパ向けと環太平洋地域向けの別々のブランドの 2 つのサイトがあるとします。この場合、環太平洋地域サイトを管理するチーム用のレルムと、ヨーロッパサイトを管理するチーム用のレルムを設定することが考えられます。

サイトと組織

Business Manager では、各インスタンス内に 1 つ以上のサイトを設定できます。特定のインスタンス上のサイトをまとめたものが組織になります。たとえば、設定を行う場合に、サイト固有 (1 つのサイト) または全サイト共通 (組織) として設定できます。

インスタンス

B2C Commerce のインスタンスには、ストアフロントをカスタマイズするためのツールやリソースが含まれます。インスタンスを表示するには、ブラウザに URL を入力するか、Business Manager で開きます。Sandbox (サンドボックス)、Staging (ステージング)、Development (開発)、Production (本番) の 4 タイプのインスタンスのそれぞれに考慮事項があります。


Sandbox Staging (ステージング) 開発 本番
使用方法 ストアフロントのコードの作成や更新を行います。 キャンペーン、プロモーション、商品、カタログ、コンテンツを設定します。 本番環境をシミュレーションします。コードでコンテンツをテストする最後のステップに使用します。B2C Commerce が提供する CDN を通過しますが、(コンテンツの) キャッシュはしません。 ストアフロントトランザクションに使用するライブインスタンスです。B2C Commerce が提供する CDN に接続されます。
データ I/O Sandbox ではシステムジョブの大半が無効になっています。 データとコードをステージングにアップロードし、本番や開発にレプリケートします。 データとコードがステージングからレプリケートされます。インスタンスからデータをエクスポートできます。 データとコードがステージングからレプリケートされます。データをインスタンスからエクスポートして、ステージングにインポートできます。

インスタンスタイプのユーザ

チームの規模によってはユーザが複数の役割を果たすことがあります。以下に、一般的な職務をいくつか示します。

役割 インスタンスタイプ 責務
開発者 Sandbox、ステージング デベロッパーはローカルマシンでテンプレート、コントローラー、スクリプトを作成または変更し、テストのために Sandbox にアップロードします。デベロッパーはコードをステージングにアップロードします。また、ステージングでマーチャンダイザーが追加したデータをエクスポートして、Sandbox のテストデータとして使用できます。
注意: デベロッパーが開発インスタンスを使用するのは、本番に公開予定のものをテストする場合のみです。
マーチャンダイザー Staging (ステージング) マーチャンダイザーがキャンペーンやプロモーションの作成、商品情報の管理、検索動作の設定を行います。
システム管理者 すべてのインスタンス システム管理者は、インスタンスとインスタンス上の機能へのアクセス権を付与します。インスタンスの再起動、データフィードの管理、証明書のアップロードを行います。
品質保証エンジニア 開発 このエンジニアは、本番に限りなく近い条件でサイトをテストします。ここではコードの開発は行われません。

次のステップ

B2C Commerce のサイトの構成の PIG と SIG について見てきました。次の単元では、B2C Commerce と記録システム間でストアフロントデータをインポートやエクスポートする方法について説明します。