AppExchange をナビゲートする

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。
  • AppExchange ホームページの主要な要素を説明する。
  • 検索やおすすめを使用して AppExchange をナビゲーションする方法を理解する。
  • AppExchange のコレクションについて説明する。

スキルを磨く

前の単元で、Ursa Major の営業チームによる Salesforce の利用状況を把握するためのソリューションを AppExchange で探すことにしました。また、独自の AppExchange 戦略も立てました。画期的なオプションが揃う AppExchange で必要なソリューションを見つけるにはどうすればよいのでしょうか? この単元を読み進めて AppExchange のスキルを高め、最適なソリューションを見つけ出します。

各自のエクスペリエンスをパーソナライズする

Trailblazer.me をご存知でしょうか? Salesforce Platform 全体を対象とする統合プロファイルです。つまり、Salesforce のあるプロパティ (Trailhead など) にログインした後で別のプロパティ (AppExchange など) に移動した場合に自動的にログインされるため、多数の複雑なパスワードを覚えておく必要がなくなります。

どのような理由で AppExchange にアクセスする場合でも、ログインしていることを確認するようにします。ログインし、Salesforce の利用法に合わせてホームページをパーソナライズすれば、AppExchange のエクスペリエンスが向上します。

ホームページのナビゲーション方法

早速 AppExchange にログインしました。さてどうしましょうか? AppExchange を閲覧するためにアクセスしたのか、事前に多少の戦略を立てているのかによって異なります。いずれの場合も、ホームページの主要セクションについて知っておきましょう。画面の要素を把握していれば、次に何をすべきかを判断しやすくなります。

上から始める

AppExchange ホームページの検索検索ボックスと最初のナビゲーションメニューのビュー

  • 検索バー (1): 検索バーのしくみについては説明するまでもありませんが、戦略を立てたうえで AppExchange にアクセスしている場合は検索が秘密兵器になります。戦略上のキーワードを入力し、後は AppExchange に任せましょう。
  • あなたにおすすめ (2): このタブはあなた専用のセクションで、あなたのために選定・パーソナライズされた推奨のソリューションやコンサルタントのリストが示されます。おすすめについては後ほど詳しく説明します。
  • 種別別ソリューション (3): リストをざっと閲覧したい気分のときは、[種別別ソリューション] カテゴリを使用すると、特定の種別のソリューション (アプリケーションなど) に絞り込むことができます。ソリューション種別内で、要件に基づき価格、評価、その他の条件でリストを絞り込むことができます。
  • 製品別コレクション/業種別コレクション (4) と最新コレクション (6): ざっと閲覧したいときに役立つもう 1 つのオプションがコレクションです。コレクションについては説明することがたくさんあるため、この単元の後半で解説します。
  • コンサルタント (5): コンサルタントは、業界についての深い知識を有し、実証された Salesforce の専門知識を持つスペシャリストです。コンサルタントはお客様と協力して、お客様の目標達成を支援します。Salesforce プロジェクトでヘルプが必要になった場合は、ここで探してください。
まとめると、AppExchange 戦略がある場合は検索バーを使用します。何から始めるべきかよくわからない場合は、コレクションを閲覧するか、種別ごとのソリューションを確認します。

中断した場所から再開する

必要なものが見つかるまで AppExchange に何度もアクセスしなければならないかも知れません。ログインした状態でソリューションやコンサルタントを探しているがなかなか見つからない場合は、[中断した場所から再開する] を確認します。ここには、最近参照したリストが一覧表示されます。これで検索が楽になります。また、任意のリストを保存しておけば、後で確認することができます。リストの保存方法については、次の単元で説明します。

ログインしている場合は、AppExchange のエキスパートガイドである Appy が提案するリストも表示されます。Appy のおすすめは、該当するロール、業種、その他の Salesforce エクスペリエンスの側面に基づきます。AppExchange を使えば使うほど、この提案は改善されます。

AppExchange ホームページの [中断した場所から再開する] セクションと [Appy のおすすめ] セクションのビュー

メモ

各自のプロファイルが最新の状態である場合に Appy から最適な提案が示されます。プロファイルを表示するには、Trailblazer.me にアクセスします。

コレクションを表示する

前の単元で、コレクションが AppExchange エキスパートが選定したリストのグループであることを学習しました。製品別、業種別、最新の 3 つのコレクションをすべて閲覧します。

[製品別コレクション] カテゴリでは、Service Cloud や Marketing Cloud などの Salesforce 製品ごとにリストが分類されています。Ursa Major の場合は Sales Cloud のおすすめに着目します。

[製品別コレクション] のサブメニューの例

同様に、[業種別コレクション] ページでは、教育やヘルスケアやライフサイエンスなど、主要な業種別のリストを表示できます。

[業種別コレクション] のサブメニューの例

他方、[最新コレクション] カテゴリは若干趣が異なります。AppExchange の最新コレクションの全ページに目を通し、各自のビジネスに適したアプリケーションやエキスパートを見つけることができる一元的なサイトです。たとえば、Salesforce Platform の多様なパートナーを称賛し推奨する目的で最近立ち上げられたコレクションページでは、黒人が経営するビジネス、女性が創設し経営するビジネス、AAPI が経営するビジネスを閲覧できます。

[AppExchange の最新コレクションページ] の例

Salesforce Labs Digital App Guide (Salesforce Labs デジタルアプリケーションガイド) というコレクションを必ず確認します。Labs ソリューションは、ユーザがすぐさま業務を開始できるようにするために Salesforce 従業員が構築したカスタマイズ可能な無料アプリケーションです。このガイドに、各自のビジネスに Labs アプリケーションを活用するさまざまな方法が説明されています。

すべての最新コレクションに関する新着情報を知るために、このページをブックマークしてこまめにチェックし、新たに追加されたコレクションを確認します。

注目のコレクション: Salesforce Labs

前述のとおり、Labs アプリケーションは Salesforce 従業員が構築したものです。Salesforce Labs アプリケーションは Salesforce 従業員が忙しい本業の合間を縫って構築したものであるため、有料アプリケーションと同じような形でサポートされているわけではありません。 

けれども、Salesforce Labs アプリケーションにはさまざまなメリットがあります。

  • 無料である
  • Salesforce 従業員が構築している
  • セキュリティテストとレビューを受けている
  • 基本的に Salesforce のネイティブテクノロジを使用して構築されている
  • その品質と実用性が広く知られている
  • ほとんどが GitHub でオープンソースとして公開されている

AppExchange の [Salesforce Labs アプリケーション] コレクションに表示されているリストは、すぐに業務に使用できます。

[Salesforce Labs アプリケーション] ページのリストタイル

Labs アプリケーションは次の方法でも見つけることができます。

おすすめを活用する

[あなたにおすすめ] カテゴリは、困ったときに必要な道具を貸してくれたり、水道業者の電話番号を教えてくれたりする親切な隣人のようなものです。  

[あなたにおすすめ] ページの [Appy’s Picks for Getting Started (使用開始時の Appy のおすすめ)] と [Getting Started: Salesforce Labs (使用開始: Salesforce Labs)] に表示されるおすすめ

推奨項目は、所在地、インストールされているアプリケーション、共有しているコミュニティプロファイルなどに基づいて判断されています。AppExchange にアクセスした時点でログインしていない場合は、[Appy’s Picks for Getting Started (使用開始時の Appy のおすすめ)] (1) と [Getting Started: Salesforce Labs (使用開始: Salesforce Labs)] (2) におすすめが表示されます。

けれども、AppExchange エキスパートであるあなたはすでにログインしているでしょうから、カスタマイズされたエクスペリエンスが表示されます。

[Here’s What I Found for You (あなたに適したおすすめ)] ページで、[Inspired by Your Searches (検索に基づくおすすめ)] (1)、[Getting Started: Customers Recommend (使用開始: ユーザのおすすめ)] (2)、[Trending (トレンド)] (3)、[Free Solutions Recommended for You (あなたにおすすめの無料ソリューション)] (4) に番号が付いています。

おすすめは親切な隣人のようなものと言いましたが、ログインしている場合には近所の全員からアドバイスを受けるような感じです。
  • Inspired by Your Searches (検索に基づくおすすめ) (1): 最近の検索に基づくおすすめを表示します。
  • Getting Started: Customers Recommend (使用開始: ユーザのおすすめ) (2): AppExchange のユーザが使用しているソリューションや、高い評価を受けたソリューションを表示します。
  • Trending (トレンド) (3): 同じものばかり表示されていればそのうち見飽きてしまいます。そうさせないのが AppExchange です。ここにはあなたの過去の閲覧や検索に基づいて選択されたおすすめが表示されます。ですから、こまめにチェックしてください!
  • Free Solutions Recommended for You (あなたにおすすめの無料ソリューション) (4): Salesforce Labs や他のパートナーが構築した無料のソリューションをここで確認できます!

エキスパート流に検索して絞り込む

あなたの AppExchange 戦略を覚えていますか? あなたが求めているのは Lightning Experience と互換性のある Ursa Major の無料アプリケーションで、ユーザの採用状況を追跡できるものです。

Ursa Major のソーラーパネル工場にいる 2 人の従業員。その 1 人が手にしているタブレットに Salesforce と AppExchange が表示されています。

無料のおすすめから選択することもできますが、検索機能と検索条件を使って絞り込んでみましょう。

  1. 新しいブラウザタブで、AppExchange Web サイトを開きます。
  2. 検索ボックスに ダッシュボード と入力します。
  3. Enter キーまたは Return キーを押します。
  4. [ソリューション種別] (A) で、[アプリケーション] 以外のすべての種別を選択解除します。
  5. [価格] (B) で、[無料] 以外のすべての価格を選択解除します。
  6. [Clouds and Features (クラウドと機能)] (C) で、[Lightning Experience] を選択します。
  7. [条件の適用] (D) をクリックします。

検索機能や検索条件を使用すれば、何千ものソリューション候補が少数に絞り込まれます。便利ですよね? この結果、最上位に示されたのは Salesforce Adoption Dashboards というリストで、Ursa Major の役に立ちそうです。このソリューションは無料で、星評価は 4.5、最新リリースの日付も最近です。

リストの詳細

実際に [Salesforce Adoption Dashboards] をクリックして、このリストを開いてみましょう。次の単元でこのダッシュボードについて説明します。 

その前に、これまで学んだ内容を復習しておきましょう。この単元では、AppExchange ホームページをナビゲーションし、検索機能や検索条件、おすすめを使用する方法を学習しました。選定されたコレクションも閲覧しました。お疲れ様でした。

エキスパートを目指して次の単元に進み、AppExchange リストの詳細を学習します。

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる