Checkout の設定

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • Checkout の設定に必要な主要タスクを識別する。
  • クーポン設定オプションについて説明する。
  • Checkout でどのように付加価値税 (VAT) がサポートされるかを説明する。

Checkout の設定

Checkout は、シンプルさを念頭において設計されています。Checkout のほとんどの部分をパートナーコミュニティの公開コンソール 1 か所で設定および維持できます。このルールの例外として、Stripe Web サイトで行うサブスクリプション支払いプランの作成などがあります。ただし、頻繁に実行するタスクについては、公開コンソール (2) の [価格設定] タブ (1) を使用します。

主ナビゲーションタブの [公開] コンソールと、サブナビゲーションメニューの [価格設定] タブが強調表示された、パートナーコミュニティ Web サイトのナビゲーションメニュー

各タスクで使用するサイトを覚えるのは大変です。ここですっきりと整理しましょう。 

  • 管理パッケージをアップロードする: 公開コンソールで、ソリューションが含まれる管理パッケージをアップロードします。
  • リストで Checkout を有効にする: 公開コンソールで、リストの価格設定種別を [有料、Checkout を使用] に設定します。
  • Stripe アカウントを設定する: 公開コンソールから、Stripe アカウントを作成して事業用銀行口座に接続します。
  • サブスクリプションプランまたは一括払いプランを設定する:
    • Stripe で、サブスクリプションプランを作成して設定します。
      • 月・ユーザごと
      • 月・会社ごと
      • 年・ユーザごと
      • 年・会社ごと
    • 公開コンソールで、一括払いプランを作成して設定します。
      • ユーザごと
      • 会社ごと
  • リストで支払いプランを有効にする: 公開コンソールで、サブスクリプションプランおよび一括払いプランのリストから選択します。
  • リストで受け付ける支払い方法を選択する: 公開コンソールで、支払い方法 (クレジットカード、ACH または SEPA) を選択します。

Checkout 設定プロセスの各ステップ: 管理パッケージをアップロードする、リストで Checkout を有効にする、Stripe を設定する、支払いプランを設定する、支払いプランを有効にする、リストのプランを選択する。

Winablement Corp. では、ソリューションに Checkout を設定する準備ができています。Winablement のシステム管理者である Norman は、公開コンソールにログインして既存のリストを編集します。リストは数か月前に作成したため、まず、管理パッケージをすでにアップロードしたことを確認します。リストで Checkout を有効にするために、[価格設定] タブに移動して、価格設定種別を [有料、Checkout を使用] に設定します。 

次に、Winablement の Stripe アカウントを作成します。さらに [価格設定] タブで、[Stripe の設定] をクリックします。少し時間をかけて銀行口座情報やその他の詳細を入力し、回答を送信します。Winablement の Stripe アカウントができたので、リストで Checkout を有効にすることができます。次のステップでは、支払いプランを設定します。 

Winablement ではサブスクリプション支払いプランを提供しています。サブスクリプションプランを設定するために、Norman は公開コンソールで [Stripe のプランを管理] リンクをクリックします。Stripe で、月・ユーザごとサブスクリプションプランを作成します。Winablement で提供するのはサブスクリプションプランのみであるため、一括払いプランを作成しません。一括払いプランはまれにしか使用されず、そのほとんどが Lightning コンポーネントでの使用です。 

公開コンソールに戻って、新しい月・ユーザごとプランが [サブスクリプションプラン] リストに表示されることを確認します。リストにはありますが、ソリューションリストには割り当てられていません。そこでチェックボックスをオンにして、そのタスクを完了します。

最後のステップでは、このリストで提供する支払い方法を選択します。Winablement の本社はスペインにあり、欧州の銀行口座を使用しているので、Norman は、顧客がクレジットカードで支払えるように設定します。 

以上が主要な設定タスクです。次は、他の重要な Checkout 機能を見ていきましょう。

クーポンで柔軟な価格設定を提供

AppExchange ソリューションのマーケティングと販売をしていると、固定価格が顧客や状況に適さない場合があることに気付きます。100 ライセンス以上購入する顧客向けの割引など、柔軟な価格設定を提供する方法が必要です。クーポンは、顧客への請求金額を調整する簡単な方法です。Stripe でクーポンを設定し、そのクーポンを使用してソリューションにカスタム価格を設定できます。

次のようなクーポンを使用できます。

  • 請求: すべての請求または選択した請求にのみ適用できます。
  • 期間: 一定期間 (3 か月間など) のみ有効にしたり、特定の日付に有効期限が切れるように設定したりできます。
  • 金額: 顧客への請求金額から一定割合または一定金額を値引きできます。
  • サブスクリプション: 顧客のすべてのサブスクリプションまたは一部のサブスクリプションに適用できます。
  • 顧客: すべての顧客または一部の顧客に対して有効です。
  • 再利用: 設定した最大回数まで、顧客が複数回利用できます。

クーポンは 1 つのオプション、またはオプションの組み合わせに基づいて作成できます。 

Winablement Corp. では、アプリケーションの新バージョンを発売しようとしています。マーケティングディレクターの Daniela は、発売に間に合うようにコンボクーポンを用意して、既存顧客のアップグレードを促そうとしています。そこで Winablement の Salesforce システム管理者である Norman に、クーポンの作成を依頼します。Daniela の依頼により、Norman は、アップグレードする既存顧客がクーポンを利用してサブスクリプションの最初の 3 か月間に 15% 割引を得られるようにクーポンを設定します。 

クーポンのアイデアというタイトルのメモを持つ Norman。

2 か月後、Winablement がこのプロモーションを終了する時期です。Norman は Stripe にログインして、クーポンを削除しようとしています。そのとき、一瞬不安がよぎります。現在割引を受けている顧客はどうなるのだろうか? 3 か月間の割引でまだ 1 か月残っている顧客の場合は? Norman の心配は無用です。クーポンを削除すると、今後のサブスクリプションや顧客には利用できなくなります。顧客がクーポンをすでに利用している場合、割引は引き続き有効です。 

付加価値税の徴収

オンラインビジネスの管理では、付加価値税 (VAT) などの税金の適切な処理方法を理解することも必要です。会社に VAT の徴収が義務付けられている場合、公開コンソールで VAT ID と VAT 率を指定できます。Checkout がその情報と会社の所在地を利用して VAT 金額を計算します。さらに、それらの金額を顧客のサブスクリプションプラン支払いの請求に追加します。VAT は一括払いではサポートされません。

Checkout は会社に代わって VAT を徴収し、その税額を会社の銀行口座に入金します。会社は依然として VAT の登録、必須データの管理、税務当局への税金の分配を行う必要があります。Checkout を使用してもこうした責務はなくなりませんが、VAT の計算と徴収は非常に楽になります。

支払いエラーの処理

ほとんどの場合、オンライン支払いの処理は迅速で簡単です。とはいえ、処理がエラーになり顧客の支払いが失敗するときもあります。Checkout を使用すると、支払いエラーを計画どおりに整然と処理できます。

支払いが失敗すると、Checkout がアラートで通知します。クレジットカード支払いの場合は、即座に通知されます。ACH 支払いが失敗した場合は最長 5 営業日、SEPA 支払いの場合は最長 14 営業日かかることがあります。支払いが失敗したことが判明したら、すぐに顧客に連絡してください。早く伝えるほど、顧客側の問題を早く修正できます。 

CMA を使用している場合、支払いが失敗したら顧客にメール通知を送信するように設定できます。メールには必ず、顧客が支払い情報を更新できる場所へのリンクを記載してください。

Checkout と LMA との連動

Checkout をライセンス管理アプリケーション (LMA) と統合して、ライセンス供与を完全に自動化できます。そうです。「ライセンス供与を完全に自動化」です。顧客が Checkout に対応した AppExchange ソリューションを購入すると、そのソリューションを実行するためのライセンスが供与されます。ライセンスの設定を手動で更新する必要はありません。顧客が購入、アップグレード、更新、または他のサブスクリプションの変更を行ったときでも、Checkout が自動的に LMA で顧客のライセンスを更新します。うれしくて踊り出したくなりませんか? 私たちも同じです。

新規購入の場合、顧客がソリューションをインストールすると、LMA がパートナービジネス組織にライセンスレコードを作成します。顧客が AppExchange の [マイアカウント] ページを使用してサブスクリプションを更新すると、LMA がライセンスレコードを更新します。その更新を、Stripe Web サイトまたは CMA で参照できます。 

ぼんやりしていて、うっかり Stripe Web サイトを使用して顧客をプランに追加してしまった場合はどうなるでしょうか? AppExchange はその顧客をソリューションに関連付けたり、LMA でライセンスをプロビジョニングしたりできません。

Checkout と LMA の同期を維持するには、顧客が AppExchange でソリューションを購入し、かつソリューションで Checkout が有効になっている必要があります。顧客は、シートの追加や削除などの変更も AppExchange で送信する必要があります。そうすることで、AppExchange は顧客をソリューションに関連付ける必要があると認識します。 

ただし、例外が 1 つあります。サブスクリプションプランの変更です。LMA と Checkout の同期を維持するには、Stripe で顧客のサブスクリプションを切り替える必要があります。

こうしたルールに従い、踊り続けましょう。

リソース