Tune in to Trailblazers Innovate for Salesforce product news,
demos, and latest roadmaps. Register here.
close
進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

Apex テストのテストデータの作成

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。
  • テストユーティリティクラスを作成する。
  • テストユーティリティメソッドを使用してさまざまなテストケースのテストデータを設定する。
  • クラスのすべてのテストメソッドを実行する。

Apex テストのテストデータの作成

テストユーティリティクラスを使用して、テストデータ設定のために再利用可能なメソッドを追加します。

前提条件

前の単元の「Apex トリガのテスト」の前提条件の操作を完了します (まだ完了していない場合)。

テストユーティリティクラスの追加

テストデータ作成をユーティリティクラスメソッドへのコールに置き換えて、前のテストメソッドをリファクタリングしましょう。最初に、テストユーティリティクラスを作成する必要があります。

TestDataFactory クラスは、特殊な種類のクラスです。isTest アノテーションが付加された公開クラスで、実行中のテストからのみアクセスできます。テストユーティリティクラスには、テストメソッドからコールしてテストデータの設定などの便利なタスクを実行できるメソッドが含まれます。テストユーティリティクラスは、組織のコードサイズ制限から除外されます。

TestDataFactory クラスを追加する手順は、次のとおりです。

  1. 開発者コンソールで、[File (ファイル)] | [New (新規)] | [Apex Class (Apex クラス)] をクリックし、クラス名に「TestDataFactory」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. デフォルトのクラス本文を次のコードで置き換えます。
    @isTest
    public class TestDataFactory {
        public static List<Account> createAccountsWithOpps(Integer numAccts, Integer numOppsPerAcct) {
            List<Account> accts = new List<Account>();
            
            for(Integer i=0;i<numAccts;i++) {
                Account a = new Account(Name='TestAccount' + i);
                accts.add(a);
            }
            insert accts;
            
            List<Opportunity> opps = new List<Opportunity>();
            for (Integer j=0;j<numAccts;j++) {
                Account acct = accts[j];
                // For each account just inserted, add opportunities
                for (Integer k=0;k<numOppsPerAcct;k++) {
                    opps.add(new Opportunity(Name=acct.Name + ' Opportunity ' + k,
                                           StageName='Prospecting',
                                           CloseDate=System.today().addMonths(1),
                                           AccountId=acct.Id));
                }
            }
            // Insert all opportunities for all accounts.
            insert opps;
            
            return accts;
        }
    }

このテストユーティリティクラスには 1 つの静的メソッド createAccountsWithOpps() が含まれます。このメソッドは取引先数 (numAccts パラメータに保持) と取引先ごとに作成する関連商談数 (numOppsPerAcct パラメータに保持) を受け入れます。メソッドの最初のループでは、指定された数の取引先を作成し、accts リスト変数に保存します。最初のループの後、insert() DML ステートメントがコールされて、リスト内のすべての取引先をデータベース内に作成します。

2 つ目のループでは商談を作成します。各商談グループは、1 つの取引先にリンクしているため、外部ループは取引先を反復処理し、その中にネストされたループでは、現在の取引先の関連商談を作成します。次回ネストループが実行されるとき、add() メソッドを使用して商談が同じリストに追加されます。商談は、AccountId 項目を使用して親取引先にリンクされます。作成されるすべての商談の合計数は、商談数と取引先数の積 (numOppsPerAcct*numAccts) になります。次に、insert() DML ステートメントをループ外で効率的にコールし、すべての取引先についてコレクション内のすべての商談を 1 回のコールのみで作成します。

最後に、このメソッドは新規取引先のリストを返します。

メモ

メモ

このメソッドでは関連商談は返されませんが、それらのレコードを取得するには、「Apex トリガのテスト」のトリガで使用したクエリのような、Account と Opportunity 間の既存のリレーションを利用する SOQL クエリを作成します。

ユーティリティメソッドのコールによるテストデータの作成

テストユーティリティクラスを追加したので、このクラスを利用するようにテストクラスを変更します。TestAccountDeletion クラスで、// Test data setup で始まり、insert opp; で終わるブロックを次のコードで置き換えます。

        // Test data setup
        // Create one account with one opportunity by calling a utility method
        Account[] accts = TestDataFactory.createAccountsWithOpps(1,1);

TestDataFactory.createAccountsWithOpps(1,1) コールから返される配列には 1 つの Account sObject が含まれます。

変更されたテストメソッドは次のようになります。より短いバージョンです。

@isTest
private class TestAccountDeletion {

    @isTest static void TestDeleteAccountWithOneOpportunity() {
        // Test data setup
        // Create one account with one opportunity by calling a utility method
        Account[] accts = TestDataFactory.createAccountsWithOpps(1,1);
        
        // Perform test
        Test.startTest();
        Database.DeleteResult result = Database.delete(accts[0], false);
        Test.stopTest();

        // Verify that the deletion should have been stopped by the trigger,
        // so check that we got back an error.
        System.assert(!result.isSuccess());
        System.assert(result.getErrors().size() > 0);
        System.assertEquals('Cannot delete account with related opportunities.',
                             result.getErrors()[0].getMessage());
    }        
}

さまざまな条件のテスト

トリガに対して可能性のあるすべての入力をテストするには、1 つのテストメソッドでは不十分です。商談のない取引先が削除される場合など、他の条件もテストする必要があります。また、1 件のレコードだけでなく、大量のレコードで同じシナリオをテストする必要もあります。3 つのテストメソッドが追加されたテストクラスの更新バージョンを次に示します。この更新バージョンのクラスを保存します。

@isTest
private class TestAccountDeletion {

    @isTest static void TestDeleteAccountWithOneOpportunity() {
        // Test data setup
        // Create one account with one opportunity by calling a utility method
        Account[] accts = TestDataFactory.createAccountsWithOpps(1,1);
        
        // Perform test
        Test.startTest();
        Database.DeleteResult result = Database.delete(accts[0], false);
        Test.stopTest();

        // Verify that the deletion should have been stopped by the trigger,
        // so check that we got back an error.
        System.assert(!result.isSuccess());
        System.assert(result.getErrors().size() > 0);
        System.assertEquals('Cannot delete account with related opportunities.',
                             result.getErrors()[0].getMessage());
    }
    
    @isTest static void TestDeleteAccountWithNoOpportunities() {
        // Test data setup
        // Create one account with no opportunities by calling a utility method
        Account[] accts = TestDataFactory.createAccountsWithOpps(1,0);
        
        // Perform test
        Test.startTest();
        Database.DeleteResult result = Database.delete(accts[0], false);
        Test.stopTest();

        // Verify that the deletion was successful
        System.assert(result.isSuccess());
    }
    
    @isTest static void TestDeleteBulkAccountsWithOneOpportunity() {
        // Test data setup
        // Create accounts with one opportunity each by calling a utility method
        Account[] accts = TestDataFactory.createAccountsWithOpps(200,1);
        
        // Perform test
        Test.startTest();
        Database.DeleteResult[] results = Database.delete(accts, false);
        Test.stopTest();

        // Verify for each record.
        // In this case the deletion should have been stopped by the trigger,
        // so check that we got back an error.
        for(Database.DeleteResult dr : results) {
            System.assert(!dr.isSuccess());
            System.assert(dr.getErrors().size() > 0);
            System.assertEquals('Cannot delete account with related opportunities.',
                                 dr.getErrors()[0].getMessage());
        }
    }
    
    @isTest static void TestDeleteBulkAccountsWithNoOpportunities() {
        // Test data setup
        // Create accounts with no opportunities by calling a utility method
        Account[] accts = TestDataFactory.createAccountsWithOpps(200,0);
        
        // Perform test
        Test.startTest();
        Database.DeleteResult[] results = Database.delete(accts, false);
        Test.stopTest();

        // For each record, verify that the deletion was successful
        for(Database.DeleteResult dr : results) {
            System.assert(dr.isSuccess());
        }
    }
}

すべてのテストメソッドの実行

最後のステップでは、テストクラスのテストメソッドを実行します。クラスはより包括的なテストが含み、テストデータファクトリを使用するようにリファクタリングされています。TestAccountDeletion クラスのテストはすでに実行済みであるため、このテストクラスを再実行して、そのテストメソッドをすべて実行するだけです。

  1. 同じテストを実行するには、[Tests (テスト)] タブをクリックし、テスト実行を選択して、[Test (テスト)] | [Rerun (再実行)] をクリックします。
  2. [Tests (テスト)] タブで最新のテスト実行を展開して結果を確認します。テスト実行で 4 つのテストがすべて合格したとレポートされます。