進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

標準オブジェクトとカスタムオブジェクトの確認

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • 標準オブジェクトのアーキテクチャとリレーションについて説明する。
  • 標準オブジェクトとカスタムオブジェクトの項目やページレイアウトを編集、削除、カスタマイズする方法を説明する。
  • 標準オブジェクトとカスタムオブジェクトのページレイアウト、レコードタイプ、ビジネスプロセスを作成して割り当てる方法を決定する。
  • 標準オブジェクトとカスタムオブジェクトに関連する一般的なシナリオの練習問題を行う。

主なトピック

この単元では、Salesforce 認定アドミニストレーター試験で全体の 14% を占める「標準オブジェクトとカスタムオブジェクト」セクションに向けた準備をします。

試験のこのセクションは、次のトピックについてのテストです。

  • オブジェクトアーキテクチャ
  • オブジェクトリレーション
  • 項目の作成、編集、削除
  • ページレイアウトの作成と割り当て
  • レコードタイプの作成と割り当て
  • ビジネスプロセスの作成と割り当て
  • カスタムオブジェクトの作成

これまでの単元と同じように、この単元にはシナリオベースの練習問題とフラッシュカードが含まれています。

試験の練習問題

準備はいいですか? 次のサンプルツールは簡単な自己診断テストで、採点されるものではありません。使用するには、シナリオを読んでから、正しいと思う回答をクリックします。質問によっては、正解が複数ある場合もあります。[送信] をクリックすると、ポップアップが表示され、選択した回答が正解か不正解かと、その理由が示されます。最後まで進むと、回答を確認するか、質問に再回答できます。

試験トピックのフラッシュカード

この試験の「標準オブジェクトとカスタムオブジェクト」セクションには、オブジェクトリレーション、カスタムオブジェクトの作成、ページレイアウト、レコードタイプ、およびビジネスプロセスの作成と割り当てが含まれます。これらの対話型フラッシュカードを使用して、試験のこの部分の主要トピックの一部を復習できます。

各カードの質問または用語を読み、カードをクリックすると、正解が表示されます。右向き矢印をクリックすると次のカードに移動し、左向き矢印をクリックすると前のカードに戻ります。

関連バッジ

さらに詳細な情報を知るには、次の関連バッジを参照してください。

バッジ コンテンツタイプ
「データモデリング」バッジ
データモデリング
モジュール
「Salesforce ユーザの基本」バッジ
Salesforce ユーザの
基本
モジュール
「データセキュリティ」バッジ
データセキュリティ
モジュール
「Battle Station (戦闘基地) アプリケーションを構築する」バッジ
Battle Station (戦闘基地) アプリケーションを
構築する
プロジェクト
「社員募集アプリケーションのユーザインターフェースのカスタマイズ」バッジ
社員募集アプリケーション用の
ユーザインターフェースのカスタマイズ
プロジェクト
「社員募集アプリケーション用のデータモデルの作成」バッジ
社員募集アプリケーション用の
データモデルの作成
プロジェクト
「猫の品種を認識する Cat Rescue アプリケーションの構築」バッジ
猫の品種を認識する
Cat Rescue アプリケーションの構築
プロジェクト
「Lightning Experience のカスタマイズ」バッジ
Lightning Experience の
カスタマイズ
モジュール
「Salesforce オブジェクトのカスタマイズ」バッジ
Salesforce オブジェクトの
カスタマイズ
プロジェクト

お疲れ様でした。このバッジでは、アドミニストレーター認定試験教材の 20% 以上を学習しました。順調に進んでいます。 

次のセクションについて確認しました。 

  • 組織の設定
  • ユーザの設定
  • 標準オブジェクトとカスタムオブジェクト

「アドミニストレーター認定の準備」の他の 3 つのバッジも必ず確認してください。試験合格をお祈りしています。