Spring '22 での認定アドミニストレーター資格の更新

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • 対象プロンプトを使用してページの特定の要素を参照する。
  • Lightning Experience ダッシュボードの動的ゲージグラフを作成する。
  • Lightning の新しいコンソールセッションのワークスペースタブを簡単にクリアする。
  • 新しいフロートリガーエクスプローラーを使用して、レコードトリガーフローを表示して管理する。
  • 制限ルールを使用してセキュリティを強化する。

認定資格を維持する

Salesforce 認定アドミニストレーター資格を保有している場合、その認定資格を維持するためには期日までにこのモジュールを修了する必要があります。資格を維持するためのもう 1 つ重要な点は、Trailhead アカウントと Webassessor アカウントをリンクさせておくことです。

認定資格にご興味がございましたら、Salesforce 認定アドミニストレーター資格を参照してください。(このバッジは誰でも取得できますが、このモジュールは Salesforce 認定アドミニストレーターの有資格者を対象としています。)

認定資格の機密を守る

Salesforce は、質の高い認定試験と価値ある資格を提供することを最優先事項としています。試験のセキュリティと機密の保護は、業界をリードする評価の高い資格をお客様に提供するために不可欠です。

Salesforce 認定資格プログラムに参加する場合は、Salesforce Credential and Certification Program Agreement (Salesforce 認定資格プログラム規約) に同意いただく必要があります。Trailhead ヘルプ記事「Salesforce Credential and Certification Program Agreement and Code of Conduct (Salesforce 認定資格プログラム規約および行動規範)」にある Salesforce 認定資格試験の受験ポリシーを確認してください。

この 1 年間に多数の機能が強化されています。その中で特に重要なものについて説明します。

対象プロンプトを使用してページの特定の要素を参照する

最新のアプリケーション内ガイダンス種別を使用して、特定のページ要素を対象に設定し、参照している要素をユーザーに表示します。

対象: この変更は、Essentials Edition、Professional Edition、Enterprise Edition、Unlimited Edition、Developer Edition の Lightning Experience に適用されます。

方法: Lightning Experience の [設定] から、[クイック検索] ボックスに「アプリケーション内ガイダンス」と入力し、[アプリケーション内ガイダンス] を選択します。

アプリケーション内ガイダンスビルダーに表示された対象プロンプト

プロンプトを作成するときに [プロンプト種別] 領域で [対象プロンプト] をクリックします (1)。対象プロンプトは、選択したページ要素を参照します (2)。そのため、ユーザーはより対象が絞られた指針を得られます。

Lightning Experience ダッシュボードで動的ゲージグラフを作成する

この変更は、Essentials Edition、Group Edition (参照のみ)、Professional Edition、Enterprise Edition、Performance Edition、Unlimited Edition、および Developer Edition の Lightning Experience に適用されます。

ゲージグラフを使用して、ターゲットとする目標とその達成率を視覚化します。ゲージグラフは速度計ダイヤルに似ており、パフォーマンスレベルに対応してセグメント範囲が緑 (非常に良い)、黄 (普通)、赤 (悪い) に分かれています。ダッシュボードビルダーを使用して、標準または動的モードのゲージグラフを作成できるようになりました。

標準モードでは、レポートの総計値をターゲットとして選択し、セグメント範囲の数値を入力します。動的モードでは、ビジネスの状況や目標の変化に動的に対応する項目値とレポート基準を選択します。

動的ゲージグラフを追加する前に、グラフ化するデータ用にソースレポートが設定されていることを確認してください。追跡する総計値を使用し、適切な検索条件を適用して、少なくとも 1 つのグルーピングを含めます。

続いて、ダッシュボードの [コンポーネントの追加] ウィンドウで次のゲージプロパティを設定します。

  • レポート総計値: ソースレポートで定義されている総計値 ([レコード件数] や [金額合計] など)。
  • 項目: 選択された Salesforce オブジェクトおよびレコードの項目値。

デフォルトでは、レポート総計値がグラフの基準 (ポインター) として使用され、項目値がグラフのターゲット (ゲージの最大値) として使用されます。

ターゲットが 64 万ドル、ポインターが 15 万ドルで、セグメントが 25% と 50% でマークされている動的ゲージグラフ

この例の場合、グラフの基準は、ある会社のシンガポールの子会社の年間契約額 (ACV)、15 万ドルです。グラフのターゲットは、ビジネス全体の ACV、64 万ドルです。赤、黄、緑の各セグメントがターゲットに対するパーセント値として設定されています。緑の範囲に入るためには、この子会社は少なくとも会社の総 ACV の 50% を占める必要があります。このグラフは動的であるため、シンガポールチームのパフォーマンスが向上すると自動的にグラフに反映されます。

有益な動的ゲージグラフを作成するには、次のポイントを念頭に置いてください。

  • ソースレポートは、ゲージグラフに反映させるグルーピング、総計値、検索条件を使用して設定する必要がある。
  • 標準ゲージグラフでは、セグメント値は数値です。動的ゲージグラフでは、セグメント値はパーセントです。

新しいコンソールセッションのワークスペースタブをクリアする

Lightning コンソールを使用している場合、ユーザーは初期状態で新しいコンソールセッションを開始できるようになりました。前のセッションのワークスペースが読み込まれ、閉じなければならないことがなくなりました。(システム管理者がこの機能を有効にするには、「設定・定義を参照する」権限と「アプリケーションのカスタマイズ」権限が必要です。)
方法: アプリケーションの [アプリケーション設定] で [アプリケーションマネージャー] を選択します。[設定およびパーソナライズ] で、[アプリケーションのパーソナライズ設定] を選択します。[新しいコンソールセッションそれぞれでワークスペースタブをクリアする] を選択します。

新しいコンソールセッションでワークスペースタブをクリアする機能の有効化

対象: この変更は、Group Edition、Essentials Edition、Professional Edition、Enterprise Edition、Performance Edition、Unlimited Edition、Developer Edition の Lightning Experience に適用されます。特定の製品の Salesforce Platform ユーザーライセンスを所有するユーザーは、Lightning コンソールアプリケーションを有料オプションで使用できます。いくつかの制限が適用されます。価格設定についての詳細は、Salesforce アカウントエグゼクティブにお問い合わせください。

新しいフロートリガーエクスプローラーを使用してすべてのレコードトリガーフローを視覚化する

フロートリガーエクスプローラー ([フロー] リストビューよりも視覚性と対話性に優れた新しいツール) を使用してレコードトリガーフローを表示して管理します。フロートリガーエクスプローラーには、すべてのフロー (指定されたオブジェクトに関連付けられているフローや、レコードの作成、更新、削除時に実行されるフロー) が表示されます。たとえば、ケースレコードの作成時に実行がトリガーされるすべてのフローをすばやく確認できます。

対象: この変更は、Essentials Edition、Professional Edition、Enterprise Edition、Performance Edition、Unlimited Edition、Developer Edition の Lightning Experience と Salesforce Classic に適用されます。

理由: Flow Builder の個々のフローと、同じ環境下で実行される他のフロー間を簡単に移動できるようになりました。フロートリガーエクスプローラー内でフローに関する詳細を確認したり、そのバージョンを管理したりできます。

方法: Flow Builder のレコードトリガーフローの開始要素の下部で、[[オブジェクト名 (取引先など)] のフロートリガーエクスプローラーを開く] をクリックします。

[取引先のフロートリガーエクスプローラーを開く] リンクが表示されている開始要素

または、[設定] の [フロー] ページで [フロートリガーエクスプローラー] をクリックします。

商談レコードの更新時に実行がトリガーされるすべてのフローが表示されているフロートリガーエクスプローラーホーム。

フロートリガーエクスプローラーで、オブジェクト (1) とトリガー (2) を選択し、そのオブジェクトのレコードの作成、更新、削除時に実行されるフローを表示します。同じオブジェクトとトリガーで実行されるすべての保存前フロー (3) と保存後フロー (4) を確認します。フロー表示ラベル (5) をクリックすると、Flow Builder の新しいタブでフローが開きます。同じオブジェクトとトリガーで実行されるフローに関連付けられている非同期パス (6) を確認します。メニュードロップダウンをクリックして [フローの詳細とバージョン] (7) を選択し、詳細を確認してフローのバージョンの有効化または無効化 (8) を行います。


制限ルールでセキュリティを強化する

制限ルールは、ユーザーがアクセスできるレコードを制限することによって組織のセキュリティを強化します。制限ルールを設定すると、ユーザーは機密データや各自の業務に必要のない情報を含むレコードにアクセスできなくなります。

(使用可能なインターフェース: Enterprise Edition、Performance Edition、Unlimited Edition、および Developer Edition の Lightning Experience)

制限ルールを作成する前に、組織の Salesforce Classic を無効にしてください。手順は、「組織の Salesforce Classic の無効化」を参照してください。

他の共有設定への制限ルールの影響

制限ルールは、次の 2 つの不可欠なツールを補完するものと考えてください。

  • 組織の共有設定
  • 共有メカニズム

制限ルールをもう 1 つのセキュリティ対策として適用すると、次にグラフに示すように、最終的な結果を絞り込み、どのユーザーにどのレコードを表示するかが制御されます。

組織の共有設定、共有メカニズム、制限ルール、およびその組み合わせにより絞り込まれたレコードが示されているグラフ。

ユーザーは、組織の共有設定のほか、ロール階層、共有ルール、エンタープライズテリトリー管理など、あなたが管理する他の共有メカニズムに基づいて、レコードにアクセスできます。制限ルールをユーザーに適用すると、ユーザーがアクセスできるデータは、あなたが設定する条件に一致するレコードにまでさらに絞り込まれます。

制限ルールの適用前と適用後

適用前と適用後の画像を使って、このプロセスを別の角度から見てみましょう。

制限ルールを使用する前に、どのユーザーがどのレコードにアクセスできるかを決定する要素がすでに設定されています。左から右に要素を見ていきます。最初は組織の共有設定 (OWD) です。次に、ロール階層と共有ルールを設定してアクセスを拡大できます。最後に、共有の直接設定でレコードアクセス権を個別に決定することができます。

制限ルールを適用する前のレコードの表示を示すグラフ

制限ルールの適用後

では、制限ルールの適用後のシナリオについて考えてみましょう。

制限ルールを適用した後のレコードの表示を示すグラフ

実質的に特定のユーザーに対して特定のレコードを「見えない」または「使用できない」ようにします。制限ルールが適用されると、特定のレコードがユーザーがアクセスできるパラメーターから外れます。

制限ルールは、カスタムオブジェクト、契約、ToDo、行動で使用できます。制限ルールは、次の Salesforce 機能に適用されます。

  • リストビュー
  • ルックアップ
  • 関連リスト
  • レポート
  • 検索
  • SOQL
  • SOSL

制限ルールの設定方法

Winter '22 から、オブジェクトマネージャーで制限ルールを作成できます。 

制限ルールを作成する前に、組織の Salesforce Classic を無効にしてください。手順は、「組織の Salesforce Classic の無効化」を参照してください。

  1. オブジェクトマネージャーで、制限ルールを適用するオブジェクト名をクリックします。
  2. サイドバーで、[制限ルール] をクリックして、[新規ルールを作成] をクリックします。
  3. ルールの名前と完全名を入力します。完全名とは、API によって使用されるコンポーネントの名前です。
  4. 保存時にルールを有効にするには、[有効] を選択します。
  5. [ユーザー条件] で、この制限ルールを適用するユーザーを選択します。
  6. [レコード条件] で、指定したユーザーに表示を許可するレコードを選択します。
    [項目] 値の場合、ドット表記を使用して別のオブジェクトの項目を参照できます。
  7. [作成] をクリックします。

次の画像は、オブジェクトマネージャーを使用して作成された制限ルールを示しています。この制限ルールでは、指定したプロファイルのユーザーが各自所有する ToDo レコードのみを表示できます。

オブジェクトマネージャーを使用して作成された制限ルール

(RestrictionRule Tooling API オブジェクトまたは RestrictionRule メタデータ API 種別を使用することもできます。詳細は、『Restriction Rules Developer Guide (制限ルール開発者ガイド)』を参照してください。)

制限ルールを使用している場合は、次の考慮事項と制限に注意してください。

制限ルールの考慮事項

さまざまなアクセス要件に対応している、次のサンプルの制限ルールを参照してください。

制限ルールのシナリオ例

リソース

無料で学習を続けましょう!
続けるにはアカウントにサインアップしてください。
サインアップすると次のような機能が利用できるようになります。
  • 各自のキャリア目標に合わせてパーソナライズされたおすすめが表示される
  • ハンズオン Challenge やテストでスキルを練習できる
  • 進捗状況を追跡して上司と共有できる
  • メンターやキャリアチャンスと繋がることができる