進行状況の追跡を始めよう
Trailhead のホーム
Trailhead のホーム

Winter '19 の新機能の学習

学習の目的

この単元を完了すると、次のことができるようになります。

  • 新規所有者を一度に複数のリード、ケース、カスタムオブジェクトに割り当てる。
  • リストビュー検索を使用して必要なデータをすぐに見つける。
  • テリトリー別に売上を予測する。
  • ダッシュボードのグラフやテーブルに小数部の精度を設定する。
  • クイック検索を使用して、レポート、ダッシュボード、フォルダをすばやく見つける。
  • レコグニションバッジを使用してメンバーのエンゲージメントを維持する。
  • Chatter 投稿をドラフトとして保存する。
  • 表示密度設定を使用してビューを変更する。

Salesforce 認定資格の概要

Trailblazer の皆さん、Salesforce 認定アドミニストレーター資格を保有している場合、その認定資格を維持するためには期日までにこのモジュールを修了する必要があります。締切についてはこちらをご覧ください。

認定を受けることに関心がある場合は、Salesforce 認定アドミニストレーターの資格を参照してください。

Salesforce では多数の機能を強化しています。Winter '19 リリースの機能強化のうち、より重要なものを確認していきましょう。

所有者の変更

新機能 

[所有者の変更] ページレベルボタンを使用して、最大 200 件の選択したリード、ケース、カスタムオブジェクトに新規所有者を割り当てます。

そのしくみ

標準テーブルモードのリストビューや関連リスト、または [関連リストのクイックリンク] でページレベルのアクションメニューのボタンにアクセスできます。最大 200 レコードを選択し、ページレベルのアクションメニューの [所有者の変更] をクリックします。または、ページレイアウトに応じて、ページレベルのアクションメニューの追加アクションアイコンをクリックして [所有者の変更] をクリックします。

ページレベルのアクションメニューの [所有者の変更] ボタン ページレベルのアクションメニューの追加アクションドロップダウンの [所有者の変更] ボタン

[所有者の変更] ダイアログボックスで、新規所有者名を入力し、必要に応じて [メールで通知する] を選択して [送信] をクリックします。所有者を変更するには、選択したレコードの「編集」権限が必要です。

リストビュー検索

新機能

新しい検索バーを使用して、リストビューの項目データを検索し、必要なレコードをすばやく見つけます。

そのしくみ

リストビュー検索バーは、リストビューコントロールアイコンの横に表示されます。クエリを入力して使用を開始します。生産性を向上させるために、g+f のキーボードショートカットを使用して検索バーを選択します。また、Lightning アプリケーションビルダーで検索バーをリストビューコンポーネントに追加することもできます。

メモ

メモ

特定の項目は検索できません。それらの項目は、代わりに条件で絞り込んだり、並び替えたりします。検索バーは、特定の列が表示されていなくても、リストの全レコードの該当するすべての項目を対象に機能します。


検索バーが強調表示された [商談] ページ

テリトリー売上予測

新機能

商談収益をテリトリー別およびロール別に予測します。

そのしくみ

テリトリー売上予測を有効にすると、ユーザが次のことを実行できます。 

  • 各商談に割り当てられたテリトリーに基づいて、商談収益売上予測の積み上げ集計を参照する。
  • ユーザに割り当てられているテリトリーの商談収益売上予測を参照する。
  • 商談所有者がテリトリーに割り当てられているかどうかに関係なく、テリトリー売上予測に含まれる商談を参照する。
  • 子テリトリーの売上予測にドリルダウンする。
  • テリトリーに売上予測マネージャがいない場合、テリトリーの各営業担当の売上予測にドリルダウンする。

テリトリー売上予測 (1) は、他の売上予測種別のようにユーザロール階層に基づくのではなく、テリトリー階層 (2) に基づきます。ユーザは、[表示設定] の [売上予測種別] の下にある [テリトリー別商談収益] (3) を選択して、ロールベースの売上予測からテリトリー売上予測に切り替えます。

テリトリー売上予測を営業チームが使用できるようにするには、[設定] で [テリトリー別商談収益] 売上予測種別を追加します (4)。

テリトリー売上予測が選択された売上予測ページ

[設定] の [売上予測の設定] でテリトリー売上予測種別を選択

Summer '18 以降の変更

  • 調整および調整メモがサポートされます。
  • ユーザは、関連付けられたテリトリーごとに売上予測を参照できます。
  • ユーザはテリトリー名またはテリトリーの売上予測マネージャ名で検索して、別のテリトリーの売上予測に移動できます。
  • ユーザはブレッドクラムを使用して、テリトリーの売上予測に戻ることができます。
  • 売上予測ページおよび [設定] では、新しい売上予測種別が、有効なテリトリーモデルの名前ではなく、[テリトリー別商談収益] として表示されます。

ダッシュボードの小数部の精度

新機能 

ダッシュボードのグラフ、テーブル、総計値で表示される小数部の桁数 (0 ~ 5) を選択します。

そのしくみ

ダッシュボードコンポーネントを編集または追加し、[小数部の桁数] で小数部の精度を指定します。

小数部の精度の設定

メモ

メモ

ダッシュボードコンポーネントの小数部の桁数を設定するには、「ダッシュボードの作成とカスタマイズ」、「私のダッシュボードの編集」、「公開フォルダのダッシュボードの管理」のいずれかの権限が必要です。動的ダッシュボードのダッシュボードコンポーネントの小数部の桁数を設定するには、「動的ダッシュボードの管理」ユーザ権限が必要です。

クイック検索

新機能 

[レポート] または [ダッシュボード] タブから直接レポート、ダッシュボード、フォルダを検索します。

そのしくみ

クイック検索ボックスは、レポート、ダッシュボード、フォルダの各ページの上部にあります。サイドメニューで範囲を選択すると (1)、検索コンテキストがその範囲にすぐに変更されます (2)。

クイック検索

テキストの入力を開始すると、選択した範囲内の一致のリストが表示されます。

クイック検索の結果

クイック検索に関するいくつかの注意点を次に示します。

  • クイック検索では、最初の 20 件の結果のみが表示されます。表示されていないその他の結果があるかどうかがメッセージで示されます。
  • サイドメニューで選択されたものが常にコンテキストになります。
  • フォルダに対するクイック検索では、アクセスできるすべてのフォルダとサブフォルダが検索されますが、フォルダ内のレポートとダッシュボードは検索されません。
  • クイック検索中は、列をカスタマイズするオプションやフォルダを作成するオプションが無効になります。
  • クイック検索では、列の現在のカスタム選択と並び替えが保持されます。

レコグニションバッジ

新機能

メンバーにレコグニションバッジを付与してメンバーの関与を促進し、維持します。まず、「祝辞」、「ようこそ」、「成功」、「感謝」の 4 つのバッジを用意しました。画像とメッセージ付きで独自のバッジを作成することもできます。

そのしくみ

[バッジを付与] アクションを使用して、同僚のユーザにふさわしいレコグニションバッジを簡単に付与できます。[バッジを付与] ボタンを追加して、ユーザプロファイルから直接ユーザにバッジを付与します。

ドラフト投稿

新機能

ドラフト投稿は、未公開のフィード項目をすべて自動的に保存する新しいオプションです。

そのしくみ

組織でドラフト投稿を有効にするには、Chatter の設定メニューに移動します。[ドラフト投稿] セクションで、[ドラフト投稿を許可] を選択します。このオプションを有効にすると、新しい投稿を入力中、Chatter がその作業を [私のドラフト] タブに保存します。ファイル、リンク、画像、メンションハッシュタグ、その他のリッチテキストを追加するときに、そのすべてが保存されます。[私のドラフト] でドラフトにアクセスして公開、編集、または削除できます。

[私のドラフト] タブからのドラフト投稿表示

表示密度設定

新機能

2 つの新しい Lightning Experience 表示密度設定により、ページレイアウトを変更せずに、データの表示方法をより詳細に制御できます。いずれかの設定をデフォルトとして選択しますが、ユーザはいつでもユーザプロファイルメニューから独自の表示密度を選択できます。

そのしくみ

Lightning Experience の [設定] から、[クイック検索] ボックスに「密度設定」と入力し、[密度設定] を選択します。ユーザがプロファイルメニューから変更しない限り、組織のデフォルト設定が適用されます。ユーザの表示密度設定は上書きできません。

表示密度のプロファイルメニュー

Salesforce により、アプリケーション内ヘルプですべての Lightning Experience ユーザに新しい設定が通知されます。

表示密度機能の応答画面

リソース