アクションプランのための組織の準備

学習の目的

このモジュールを完了すると、次のことができるようになります。

  • アクションプランの権限を設定する。
  • ToDo の状況のレポートと状況値を設定する。

権限、権限...

Matt が最初に行う必要があるのは、権限を設定して、新しいアクションプラン機能へのアクセス権をユーザに付与することです。Ryan と相談した後、Matt は最初は小規模に、Ryan と Srilakshmi だけにアクションプラン権限セットを割り当てることにします。

メモ

メモ

アクションプラン権限セットを Cumulus Bank ユーザに割り当てるには、まず Financial Services Cloud ライセンスをユーザに付与する必要があります。

Matt は次の手順で Ryan と Srilakshmi に権限を付与します。

  1. [設定] から、[クイック検索] ボックスにユーザと入力し、[ユーザ] を選択します。
  2. ユーザのレコードをクリックします。Matt は [Ryan Dobson] を選択します。
  3. [権限セットの割り当て] までスクロールダウンして、[割り当ての編集] をクリックします。
  4. アクションプラン権限セットを追加します。
  5. [保存] をクリックします。
  6. 手順を繰り返して、他のユーザに機能へのアクセス権を付与します。

Matt は、この二人組がアクションプランの詳細 (ToDo 所有者や期日など) を編集および削除し、既存のテンプレートからアクションプランを起動できるようにしたいと考えています。そのためには、アクションプランオブジェクトとアクションプランテンプレートオブジェクトの権限を有効にします。

Matt は次の手順を実行します。

  1. [設定] の [クイック検索] ボックスにプロファイルと入力し、[プロファイル] を選択します。
  2. Advisor (アドバイザー)、Personal Banker (パーソナルバンカー)、およびカスタムプロファイル (Wealth Manager (ウェルスマネージャ)、Client Accociate (クライアントアソシエイト) など) の横にある [編集] をクリックします
  3. 標準オブジェクト権限で、次の手順を実行します。
    • [アクションプラン] を見つけ、[参照][作成][編集][削除] を選択します。
    • [アクションプランテンプレート] を見つけ、[参照][作成][編集][削除][すべて表示] を選択します。
  4. [保存] をクリックします。

状況がすべて

Ryan は、不満だった点をアクションプランで解決できることを知り喜んでいます。現在、割り当てられている ToDo の状況をユーザに報告させる方法がありません。アクションプランを使用すれば、状況を要件にすることができます。まるでブラックホールに吸い込まれたかのように ToDo を二度と見られない、ということがなくなります。 

追加する手順は次のとおりです。 

  1. [設定] から [オブジェクトマネージャ] を選択し、[アクションプラン] をクリックします。
  2. [ページレイアウト] を開き、[アクションプランレイアウト] をクリックします。
  3. [アクションプランテンプレート情報] で、[状況] の上にマウスポインタを置き、その横にあるスパナアイコン (スパナアイコン) をクリックし、[必須] を選択します。
  4. [OK] をクリックし、[保存] をクリックします。

Ryan と Srilakshmi は、デフォルトの状況値を確認し、追加のカスタム値として「Postponed」(延期) を使用することにしました。 

オブジェクトマネージャの下にある [アクションプラン状況] 項目のページ。

追加する手順は次のとおりです。 

  1. [設定] で [オブジェクトマネージャ] を選択します。
  2. [アクションプラン] を選択し、[項目とリレーション] を開きます。
  3. [状況] をクリックします。
  4. [状況選択リスト値] セクションで、[新規] をクリックします。
  5. カスタム状況値として「Postponed」(延期) と入力し、[保存] をクリックします。
  6. [状況選択リスト値] セクションで、[並び替え] をクリックします。
  7. [Postponed (延期)] をクリックし、[処理中] のすぐ下に移動します。
  8. [保存] をクリックします。

リソース